「身軽セット」でバッグの中身がゴチャゴチャしちゃう問題を克服できたんだ

朝起きてコーヒーをじっくり淹れたり、朝食や在宅で仕事を始める前に飲んだり、おうちでコーヒーを淹れて飲むのは格別です。

でも、自己流の淹れ方を続けて“NGな行動”をしている人も多いと言います。おうちコーヒーを楽しむために、コーヒー専業メーカーのUCC上島珈琲株式会社(以下、UCC)にコーヒーの正しい淹れ方を聞いてきました。NG行動をみなさん見直してみて!

コーヒーを淹れるときに避けておきたいNG行動3選

おうちでコーヒーを淹れるときに、無意識にこんなことしていませんか? めちゃくちゃ思い当たる節がありました。

朝一番の水道水、使ってない?

朝起きてキッチンに行き、コーヒーを淹れる準備に取り掛かる人も多いはず。水道の蛇口をひねってポットや薬缶に水を入れ、湯を沸かす──。よくありがちな光景ですが、実はコレ、NG行動です!

朝起きてすぐに蛇口から出た朝一番の水は、水道管に一晩溜まっていたもの。塩素が薄くなり、殺菌作用が弱まっているため飲料には向かないそう。水をしばらく流してから使うようにしましょう

ちなみに、旅行や出張などで、長い期間、家を不在にしていたときは特に気をつけて。バケツ1杯分程度の水を蛇口から流し、ちゃんと沸騰させてから使うことが大切です。

(ただ流すのはもったいないので、沸かさない水はなにかに使ってくださいね。私は洗いものや朝一番の拭き掃除などに利用します。お水、大切!)

沸騰したてのお湯で抽出、これもNG!

コーヒーを淹れるとき、沸騰したてのお湯を使うことも、実は避けたい行動です。

100℃近い高温のお湯をコーヒーに注ぐと、苦味や渋味、雑味といった成分が出やすくなり、美味しさが半減してしまうからです。

コーヒーの抽出に最適なのは、92〜96℃の沸騰から少し落ち着いた温度です。この温度のお湯をコーヒーに注げば、苦味や酸味、甘さをバランスよく出すことができると言います。

ただ、気になるのは、湯温をどうやって測ればいいかということ。UCCが教えてくれたOKな行動は、煮立った湯をいったんドリップポットに移し替えること。ちょうどよい温度に調節することができるのだそうです。ドリップポットがない場合は、急須など、先が細くなったツールで代用すればOK。

もし、移し替える道具がない場合は、沸騰後に1〜2分待ってからコーヒーに注ぐと、理想とする92〜96℃に近い温度帯になるんですって。

メジャースプーンでちゃんと計量してる?

手前の白いスプーンが、コーヒー粉用のメジャースプーンです。改めて計ってみたら、大さじ2杯分の粉が入ります。

「コーヒーの粉の量」と「お湯の量」は味にダイレクトに影響します。

とはいえ計量をするのが面倒で、スプーンでなんとなく粉をすくって淹れている人もきっといますよね。

でも、計量は本当に大切で、コーヒーの粉1gの違いでも、味わいに変化が出ると言います。メジャースプーンを使って、きっちり粉を計ることが大切です。

メジャースプーンは、メーカーによっても大きさはさまざま。一度、スプーン1杯にどれくらい入るかを計量し、量を把握しておきましょう。

初めてちゃんと計量してみました。スプーン1杯で約10g。これがコーヒー1杯分の量になります。

ちなみに、UCCでは、スタンダードなコーヒーカップ1杯を140ccとして、コーヒー粉12g、お湯を160cc使うレシピを推奨

意外と保存期間は短いのかも!? コーヒーの味が損なわないための保存のポイント

保存方法も忘れてはいけません。

コーヒーの美味しさのカギを握るのは、「酸素」「湿気」「高温」「紫外線」です。この4つがコーヒーの美味しさを損なう大敵と言われています。

おすすめの保存方法は、遮光性のある密封できるコーヒー保存容器を使うこと

容器を持っていないので、とりあえずしっかり封をしたうえで保存を。今度、容器を買ってみます!

もともとコーヒーが入っている袋は、4つの大敵から影響を受けない作りになっているので安心ですが、ベストな保存方法は、袋に入れたまま口元をテープで止めたうえで、容器に入れておくことです。

うっかりやりがちなのは、チャック付きの透明なポリ袋に入れてしまうことです。一見よさそうですが、これは遮光性と密封性に欠けています。紫外線や湿気、酵素を遮ることが難しいため、避けるようにしましょう。

保存期間は粉の場合、7~10日!

コーヒーの保存期間は、そこまで長くはありません。

<常温>
豆…1カ月
粉…7〜10日

長期で保存したいときは冷蔵庫よりも「冷凍庫」がおすすめです。

ただし、解凍の際に空気中の水分が結露してコーヒーに触れてしまうと、劣化が早まります。冷凍で保存するときは、下記のポイントを意識するようにしましょう。

・空気に触れない真空包装
・1回分ずつ小分けにする
・電子レンジや湯煎での解凍は、熱で劣化の可能性があるので避ける

コーヒーの淹れ方も保存の仕方も、うっかり間違えてしまいがちな行動ばかりでした。おうちコーヒーを美味しく飲むために、正しい淹れ方・保存の仕方をチェックしてみてくださいね。

プロが愛用するコーノ式で「喫茶店のコーヒー」簡単に再現できた!

山崎実業のホルダーでドライヤーをスッキリ収納!

Ranking