人生で一度はルービックキューブを触ったことがあり、頑張ってトライしたけど全然揃わなかったとか、もしくはなんとか1面だけ揃えることができたとか……。

そんな方も多いのではないでしょうか? 私もそんな中の1人だったのですが、競技用のルービックキューブを買って解き方を覚えたらハマってしまいました!

久しぶりに触ったら興味が

先日旅行でコテージに泊まったのですが、そこにルービックキューブが置いてありました。

懐かしいな、なんて思いながら少し触ってみたら「一度は全面揃えてみたい!」という気持ちが……。

GANCUBE 「GAN 356 M」 3,550円(税込)

帰宅後にいろいろ調べてみると、競技用のキューブという物があることを知りました。

初心者はそちらの方が使いやすいとのことだったので、早速購入してみたのがGAN CUBEの「GAN356 Mです。

なお、ルービックキューブという名称は商標登録されているため、それ以外のものは別の名称になっています。

まず箱から出すと、キューブが透明のケースに入っており、しかもそのケースはこのように斜めにして置くことができるタイプのもの。

この時点で、既にワクワク感が漂っています。

キューブ自体は、各パーツのエッジ部分が黒くなっておらず、各面全体にそれぞれの色が広がっています。

色がシールで貼られているタイプのものもあるのですが、私が購入したのはステッカーレスと呼ばれるパーツ自身に色が付いているタイプのものです。

フラットなデザインで、かっこいいですね!

めちゃくちゃ動かしやすい

このキューブ、実際に回してみると、めちゃくちゃ気持ちよく回るんです。

その秘密のひとつが、パーツの内側についているマグネット。

このマグネットのお陰である程度キューブを回してあげると、最後はピタッとパーツがくっついてくれます。

もうひとつの秘密が、各パーツのエッジが丸くなっており、多少ズレていてもキューブを回転させることができる仕組みに。

この状態から縦回転させても、問題なく回転できるんです。うまく回らないとストレスが溜まりますが、このキューブだとシャカシャカと快適に回ってくれるので、動かしているだけで爽快!

残念なところ:説明書は英語と中国語

いくつか解法があり、そのパターンに従ってキューブを操作すれば全面揃えることができるのですが、そのやり方を書いた説明書が英語と中国語……。

と言っても、Webで調べれば解法はいくらでも出てくるので、大した問題にはならないかと思います。

ちなみに私も少しやり方を覚えたら、すぐに1分台で全面揃えられるようになりました。

いままで未知の領域だと思っていましたが、それが自分でできるようになるのは嬉しいものですね!

こだわるなら、回転の重さだって調整できちゃう

購入したままの状態でも十分楽しめるのですが、各面の中央のパーツを外して、中にあるGESという小さなパーツを交換することで、回転の重さ調整もできてしまいます。

デフォルトのものに加えて3種類のGESが入っているので、自分の気に入る重さに変えてみるのもよいと思います。

手軽に遊べるGAN CUBE、ハマりすぎないように注意です!

大人がハマるアメリカで人気のボードゲーム「ラミィキューブ」で、家飲みが楽しくなったよ

エアホッケー風のボードゲームを買ってみたら、家の中でも大興奮!

Ranking