8

ジャンルを問わず、ガジェットを中心とした魅力的な品揃えが自慢の「ギズ屋台」。

屋台に並ぶ製品はちょっと尖った特徴を持つアイテムばかりですが、どんな魅力を持っているのかは使ってみないと分からない。

そこで今回は、ROOMIEスタッフたちによる「ギズ屋台で売られているアイテム」をレビューした記事をピックアップ。

ゲーム機や宙に浮かぶ電球などを紹介したその1とは毛色を変えて、今回はまだ続きそうな残暑を乗りきる個性的なハンディファンを紹介します。

手のひらサイズのハンディファン

「SPICE OF LIFE ポケットファン」2,640円(税込)

SPICE OF LIFE ポケットファンは、手のひらサイズでコンパクトに持ち運べるハンディファンです。

カラーはナチュラルな雰囲気が可愛らしいホワイトと。

ガジェット感が格好いいブラックの2色展開。どちらもマットな質感でハンディファンらしからぬ高級感があります。

電源や風量をいじるボタンはついていないため、本体の上部をクルクルと回すことでファンが稼働して、送風口から冷たい風が出てくる仕組みになっています。

風の強弱は変更できませんが、本体上部の回し具合で風の量を調節することが可能。

風量をMAXにしているとこのくらいの距離に置いていても服越しに心地良い風を感じられます

本体裏面にはカラビナが内蔵されていて持ち運びもかんたん

フル充電で最大約170分の連続使用ができるのも魅力的。

充電は、他のアイテムでも出番の多いUSB Type-Cに対応していますよ。

詳しくはこちらから↓

「冷却プレート搭載」のハンディファン

「GeeCooler X1」5,700 円(税込)

「GeeCooler X1」は、一見ただのハンディファンのようにも見えますが、実は隠れた機能を備えています。

こちらのアイテムの隠れた機能とは、ファンの中央に冷却プレートを搭載しているということ。

プレートは電源を入れることで-6℃まで冷えるため、おでこや首すじなどに当てることで直接「冷たさ」を感じることができるんです。

使い方はとっても簡単で、上下に分かれているスイッチの下側を押すだけ。約5秒ほどでキンキンに冷えた缶ジュースのような冷たさになってくれます。

冷却中でも弱程度の風が出ているため、冷たさと涼しさの相乗効果で体感温度を一気に下げることができますよ

もちろん、スイッチの上側を押せば普通のハンディファンとして使うことも可能。

3段階で風量を調整することができ、最大にすると1mほど離れていても涼しさを感じるくらいの強力な風を送ってくれます。

さらに、こちらのアイテムにはスタンドパーツが付属しており、デスクファンとして使うことも可能です。これが結構涼しい!

充電しながら使うことができるので、デスクワーク中はデスクファンとして、外出時はハンディファンとして、どこにでも持ち歩いて使っています。

詳しくはこちらから↓

Ranking