24

もう8月は終わってしまいますが、日によってはまだまだ暑い日も……。

寒くなるとさすがに履けないけど、9月になった瞬間にサンダルの出番が終わるわけではありません!

そこで今回はROOMIEで紹介したサンダルの中から、「快適な履き心地のサンダル」を3つピックアップしてご紹介します。

KEENのゼラポートⅡ

ちょっと明るいカラーを取り入れつつ、どんな服装にも合わせやすい1足が欲しい!と思っていたときに見つけたのがKEENの「ゼラポートⅡ」

とにかくカラーバリエーションが豊富でで、もっと派手なデザインの1足もあれば、もっと落ち着いた1足もラインナップされています。

そんな中でも明るさと落ち着いた雰囲気を兼ね備えた、Safari/Blackをチョイスしました。

ヒールはベルクロ式のため手軽に脱ぎ履きでき、足首周りには調節可能なストラップがついているため、足全体のフィット感を微調整できます。そのおかげか、買った翌日に裸足で1日外出してみましたが、靴ずれしなかったことには驚きました!

加えて、ミッドソールは足裏に沿うような形状となっているため、裸足で履いても安定感バツグン

ただ、靴下を履いた状態で足を通そうとするとベルクロがくっついてくることもあるため、それはちょっとだけストレス……かもしれません。

つま先が覆われており、裸足で履いても安心です。

このつま先のガードはずいぶん硬く、階段を登っているときにつま先をぶつけたって全然へっちゃら。なんなら、電車で座っているときに前方に立っている人から軽く足を踏まれた(意図的ではない)ときも、全く痛くありませんでした(笑)。

詳しくはコチラ↓

OOFOSのかかと付きサンダル

OOFOSの「OOcandOO(ウーキャンドゥ)」 というリカバリーサンダル

かかと部分を見ると、しっかりと分厚く作られており、しかもOOfoam(ウーフォーム)という柔らかく、履き心地良好な素材で作られています。

普通のサンダルとは大きく違う点は、足の裏だけでなく全体を包み込んでくれる点。

このシューズはさらにベロクロを使ってフィット感を高めることも可能です。

リカバリーサンダルというと、スポーツ後の足を休めるために履くもの……なんてイメージもありますが、個人的には普段使いしてよいものだと思っています。

とても快適な履き心地なので、散歩するのも楽しくなっちゃうくらいです!

詳しくはコチラ↓

OOFOSの定番リカバリーサンダル

マサチューセッツ州で生まれたリカバリーシューズブランド、OOFOS(ウーフォス)

OOriginalはファッション性も高く、去年あたりから入手困難なほど大人気!

去年買おうと思ったときには軒並みSOLDOUTだったため、今年は5月に早々と購入していました。

ついついこれを選んでしまう理由は、この履き心地

程よくフカフカなのに足が沈むということはなく、包んで支えてくれるという感じ。

トングとソールの間に足がふんわり収まって、吸い付くようにフィット。締め付け感ゼロなのに、これが不思議。

さらに、人間工学に基づいて設計されたフッドベットが土踏まずをサポート。

そもそもはスポーツや立ち仕事を終えた後の足の疲労感を癒すリカバリーを目的として生まれたブランド。

比べてしまったらビーサンがかわいそうなくらい、全くの別物です。

詳しくはコチラ↓

カインズで売ってた「魔法のスプレー」、夏が終わってもまだまだお世話になりそうです

夏こそ普段履きしたいicebreakerの「メリノウールソックス」は、調温に調湿、匂いも抑えられてメリットがたくさん

Ranking