15

植物を育てるのが好きで、休日は盆栽教室や展示会を開催しています。

初心者を対象にした盆栽ワークショップの参加者と話をしていると、30〜40%の人が盆栽は室内で育てるものと思っているようです。

庭やベランダなど屋外で育てること、夏は1日に2回水をかけることなどを説明すると「それでは私には無理です」と、なってしまいます。

この条件は、1人暮らしをしている人や、仕事の忙しい人にはハードル高いですね。

本当はそんな忙しい人にこそ、盆栽でリラックスしてほしいものです。

そこでオススメするのが、最近大人気のコーデックス。

最近人気の塊根植物「コーデックス」

コーデックスは、塊根植物とも呼ばれています。

多肉植物の一種で、砂漠などの厳しい自生地の環境でも身を守るため、根が貯水タンクの役割を果たしているものを指します。

根の部分がぷっくりと大きく膨らむのが特徴。

成長期でも週1〜2回の水かけで、部屋の中でも育てることができます。

ユニークでカッコイイ形の樹種がたくさんあるんです。

取り扱うショップも増えていますので、ぜひ実物をご覧になってください。

気になる樹が見つかったら育ててみませんか?

管理については樹種ごとに異なるので、ショップで質問するか、本やネットで調べてみてくださいね、とっても楽しい作業です。

日照不足なら植物育成用のライトで補ってあげましょう。

珍しい樹種や古い樹には、高額なものもあります。

国内で繁殖した苗や、種子を安価で入手してジックリ育てるのがオススメです。

育てるだけが楽しみではありませんよ

私はコーデックスを盆栽のように楽しんでいます。

盆栽と言うと和の植物と思われるかもしれませんが、樹種に決まりはありません。

これは月桂樹(ローリエ)の盆栽です。

盆栽でお馴染みのウメやカエデも、元を辿れば外来種です、コーデックスも盆栽の仲間に入れてしまいましょう。

盆栽としての楽しみ方を2つ紹介します。

似合う鉢を探してみよう

盆(鉢)と 栽(植物)で盆栽なので、鉢がとても重要です。

単体で見て美しい鉢や、高価な鉢もありますが、なによりも樹に合っているかがポイント!

樹の写真を撮って、時折眺めながら、似合う鉢を探しましょう。

ネット通販での鉢探しも楽しいですが、機会があれば、園芸店や盆栽専門店、盆栽展示会の併設売店を見てみましょう。

ネットでは見つけることができない掘り出し物に出会えるかもしれませんよ。

気に入った鉢を手に入れたら、直ぐに使いたくなりますが、焦ってはいけません。

左からキリンドフォリア・トゥビフェラ、アデニウム・アラビクム、パキボディウム・ブレビカウレ。

育てている樹種の植え替え適期まで待って、植え替えます。

飾りを作ってみよう

盆栽は正面から見るもの。

鉢を回して、一番カッコ良く見える位置が正面です。

自信がなくても大丈夫。

正面は持ち主が主観的に決めるものなので、どんな正面でも正解です。

選んだ正面から鑑賞しましょう。

背景を気にするとより美しく見えます。

頻繁に鑑賞することで、樹の良い点や健康状態も分かります。

その次は、他の植物やフィギュア、石などと組み合わせて、一席の飾りを作ってみませんか?

空間をデザインする感覚です。

和の空間だけでなく、廃墟や宇宙など、あなたの感性でカッコイイ一席を作りましょう。

1人暮らしや留守がちの人でも育てられるコーデックス。

成長はゆっくりで長生きです、もしかしたら日々の変化が少ないので存在を忘れてしまうかもしれません。

今回紹介した盆栽風の楽しみ方を取り入れて、コーデックスとたくさん触れ合ってみてくださいね。

フワッと乗せるだけで、おうちにある植物が垢抜ける! 見た目をよくするだけじゃない「ココヤシファイバー」って何者?

インドアグリーンを枯らさないために導入したIKEAの「ミニ温室」には、植物にも育てる私たちにもメリットがありました

Ranking