ワン・ツー・スリーでつるんとゆで卵をむく方法を見つけたよ。タサン志麻さんの「台所ルール」が参考になりすぎる

※本記事は2021年9月2日の記事を再編集して掲載しています。
Text and Photographed by
きむ(ら)

いつもはマットレスの上に寝ているわが家。

確かに、布団と比べて寝心地はいいのですが、ベッドから落ちると結構痛いんですよね。

ベッド

1歳の娘がいるので、たまに娘がベッドから落ちそうになってしまうことがとても心配で……。

そうして最近使い始めたのが、ニトリのすのこベッドでした。

高さは抑えて通気性を確保する

ニトリ 「軽量4つ折り桐すのこベッド シングル」

ニトリ 「軽量4つ折り桐すのこベッド シングル」 8,490円(税込)

ニトリの「軽量4つ折り桐すのこベッド」は、見た目で分かるようにとっても薄いすのこベッド。

この上に布団を敷いて寝るようにしているのですが、ほぼ段差がないので寝相が悪い娘を寝かせても安心です。

ちなみにこの上にマットレスを乗せることもできるので、高さは抑えたいけどマットレスの寝心地は捨てがたい……という方にもオススメ。

布団とすのこベッド

普通の布団でもいいのでは?となるかもしれませんが、決定的な違いは通気性

布団を床に直置きするのと違って、布団下に風の通り道ができるためカビが生えにくく、衛生的に使えます。

除湿シートでさらに快適

ニトリ 「洗える珪藻土入り除湿シート」

ニトリ 「洗える珪藻土入り除湿シート」 1,990円(税込)

すのこベッドを使うことで通気性がアップしますが、わが家では追加で除湿シートも敷いています。

人間は寝ている間に結構な量の汗をかくみたいですが、この除湿シートがあれば湿気を吸ってもらえるだけでなく、消臭もしてもらえるので、一石二鳥です。

調湿センサー

なお調湿センサーがついていて、湿ってくるとこれがピンクに変わります。そのときは天日干ししてあげればもとのブルーに戻って、吸湿性能が回復します。

使い捨てではないので、環境にもお財布にもエコですね。

また、この除湿シートは珪藻土入りの製品ですが、検査によって安全が証明されているため、安心して使えるとのことです。(参考:ニトリ公式サイト

残念なところ:低い位置にあるので、足をぶつけることも…

ニトリ すのこベッド

とても低い位置にあることに加え、布団ですのこ本体が見えにくくなっていることもあって、足の指をぶつけてしまうことがあります。

これが意外と痛い……。

すのこベッドの角

ただ、ニトリのすのこベッドは角の部分にクッションが付いている安心設計!

もちろん思いっきりぶつけたらかなり痛いですが、普通のすのこに比べたらずいぶん安心感がありますね。

家の中で布団を干せちゃう

すのこベッドで布団を干す

布団を干すのは中々の重労働ですが、山型に自立させられるため、ここで布団を干すことができるのも嬉しいポイント。

除湿機やサーキュレーターなどと組み合わせると、より乾燥効率がアップするので◎です。ささっと手軽にできちゃうので、わが家では休みのたびに室内干しをしていますよ。

軽量4つ折り桐すのこベッド洗える珪藻土入り除湿シート[ニトリ]

Ranking