2

※本記事は2022年5月13日の記事を再編集して掲載しています。

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。

ライフハッカー[日本版]から転載

スマホにタブレット、スマートウォッチetc. ガジェットが増えるにつれ、自ずと充電ケーブルもたくさん必要になります。 しかし、デスクのスペースには限界があるし、本数が増えれば絡まってしまうなどのトラブルも起こりがちに。何より、見栄えがあんまり良くないですよね…。

Photo: 山科拓郎

わが家も、上に挙げたガジェットに加えてDTM用機材を導入し、作業スペースはご覧の有り様。ケーブルの本数は減らせないにしても、「もう少し整理したい…」と考えていたところ、うってつけの品をCoSTORYで発見したのでご紹介します!

Photo: 山科拓郎

モバイルバッテリーや充電器でおなじみ、Ankerの「Magnetic Cable Holder」です。 こちらは、ケーブルに取り付ける5つのケーブルホルダーとベースプレートを利用して、散乱したケーブル類をスマートにまとめられるというスグレモノ。 実際に商品を使ってみたところ、キレイに整理できる以外の恩恵もあることがわかりましたよ!

ケーブルを5本まで配置可能

Photo: 山科拓郎

ベースプレートには凸状の部分が6つ設けられていて、ケーブルホルダーを均等に配置できます。 ホルダーの背面にはマグネットが備わっていてるため、プレートに近づけるだけでピタッとくっつくところも便利です。スッと吸い付く感触が気持ちよくてクセになります…!

Photo: 山科拓郎

ホルダーの片側には溝が掘られており、ケーブルはここに差し込めばOKです。 直径3.5mm以下のケーブルに対応しているので、LighningケーブルやMagSafeケーブルほか、よほど太くなければ種類を問わず使えるでしょう。

ベースプレートも簡単設置

Photo: 山科拓郎

Apple Watchの充電器は幅があるので、ホルダーを使わず貼り付け。 Photo: 山科拓郎
ベースプレートにもマグネットが内蔵されており、スチール素材のデスクなどにはそのままセットできます。

Photo: 山科拓郎

木製、ガラス製などの素材に貼り付けたいなら、裏面の粘着性テープでペタッと張り付け可能。設置場所を変える際は、接着面を洗ってから自然乾燥することで、10回程度までは繰り返し接着できるそうです。 デスクを買い換えるなど、大きく作業環境を変えても使えるのは、見逃せないメリットと言えるでしょう。

Photo: 山科拓郎

あと、一度ホルダーを取り付けてしまえば、プレートからサッと取り外してすぐにガジェットを充電できるのが嬉しいところ。充電し終えたら、再度プレートに戻すよう心がければ、デスクの上をキレイに保てそうですよ。

デスク周りをスマートに整理するのを助けてくれる「Magnetic Cable Holder」は現在、共同購入サイト「CoSTORY」にて、2名のメンバーを集めて購入をすると、約10%OFFの特別割引価格で購入できます。下記リンク先ページで、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

【CoSTORYとは?】

CoSTORY(コストリー)』は、友人や家族・同僚などと一緒に、楽しくお得にショッピングができる”共同購入”の体験を提供する、新しいソーシャルコマースプラットフォームです。
24時間以内に設定された人数以上で買い物を行うことで、最大50%OFFの特別割引適用・限定商品をGET※など、一人では得ることのできない特典を受けることができます。
※特典内容や、購入成立のための必要人数は、商品によって異なります。
※個別配送のため、他の購入者に個人情報が共有されることはなく安心です。
※その他ご不明点は、チュートリアルおよびQ&Aを参照ください。

Photo: 山科拓郎

Source: Anker

Ranking