2

夏のアウトドアを快適にする、便利な保冷グッズ。

ROOMIEでは今夏も、多くの保冷アイテムを紹介してきました。

今回はアウトドア好きライターたちが太鼓判を押す、気が利く保冷グッズ3選をご紹介します!

タフで保冷力抜群のソフトクーラー

S’more 「Becool cooler bag 20」 15,390円(税込)※amazon価格

S’more(スモア)の「Becool cooler bag 20」は、ハードクーラーに引けをとらない保冷力。

外気温が30℃あるところでも、保冷剤を入れれば約48〜72時間の保冷が持続するとのこと!

S'more「Becool cooler bag 20」

他にもソフトクーラーを持っているのですが、違いに驚いたのが、ジッパーの密閉具合

ピタッとしっかり閉めることができるからこそ、中の温度が変化しにくいのかもしれません。

S'more「Becool cooler bag 20」

容量は20Lと、ソロキャンプやデュオキャンプで活躍しそうなサイズ感。500mlペットボトル4本、350ml缶6本、保冷剤1個を入れてもまだまだ余裕があります。

全体的に分厚く、クッション性があるのも特徴。耐衝撃性や保冷性に優れ、防水性や防汚性、耐摩耗性も高いらしいのが◎。

▼詳しくはこちら

缶ドリンクを無駄なく冷やせるアイスバッグ

POST GENERAL「COLD ICE BRICK」2,200円(税込)

ポストジェネラルの「COLD ICE BRICK」は、350ml缶が6本すっぽり収まり、缶ビールを効率的に冷やすことができるアイテム。

他のアイスバッグはクーラーボックスの中を冷やすのに対して、こちらは缶とアイスバッグが常に密着している状態。比べるまでもなくキンキンに冷えてくれます。

メーカーの実験では温度−10°状態が5時間もキープできるそう。容積もアイスバッグの中ではかなり大きめの部類なので、保冷力も高め。

手持ちの小型クーラーボックスに入れてみたんですが、室温で12時間以上飲み頃の温度をキープしていたので、外でも半日くらいは持ってくれそうだなーと思っています。

また、クーラーボックスに入れなくてもしっかり冷やしてくれるので、ベランダや室内で使うならそのままの方がラクですよ。

▼詳しくはこちら

6時間冷たさをキープできるペットボトルカバー

カインズホーム ペットボトルカバー(アジャスター付)1,280円(税込)

カインズホームの「ペットボトルカバー」は、ステンレス真空二重構造のカバーがペットボトルや缶飲料の冷たさをキープしてくれるアイテム。

カバーに入れて3時間が経過してから飲んでみると、まだまだ冷たい。冷蔵庫から取り出して飲んだかのような冷たさです。

もちろんカバーの外側には冷たさは伝わらないので水滴がつかないのも良い。バッグの中に入れても書類や小物類が濡れないのも良いな〜!

今回使ったペットボトルは500mlですが、600mlまでのサイズが使用可能で、付属のアジャスターを使えば390mlのボトル缶なども使えます。

ちなみに保冷機能だけでなく保温もできるため、冬は保温カバーとしても使えます。

▼詳しくはこちら

Ranking