10

ギズモード・ジャパンより転載。

テレビがアートに。

2022年になってもリビングの主役は依然としてテレビです。最近は50インチ超えの大画面も当たり前だし、リビングでの存在感がどんどん大きくなっています。それゆえ視聴しているときはあまり気にならないんですが、電源を切ったときにふと「テレビでかくね? 圧強くね?」って感じたりもします。何も映し出してない黒いパネルがデーンと鎮座しているのを見つめていると、ちょっと息苦しいほどの圧迫感がありますよね。

そこに一石を投じてきたのがLGです。今年6月に発売された65V型4K有機ELテレビ「ART90」のオプションパーツとして、ファブリック製フロントカバーのリリースを発表しました。

北欧風の淡いトーンが美しい

ART90は4K65型の大画面ながら、テレビを上質な「アート作品」へ進化させるというコンセプトを持ったモデル。デザインはデンマークを代表するファブリックメーカー「クヴァドラ」とのコラボから生まれたもので、インテリアにフィットすることを強く意識しています。

テレビを見ていないときはフロントカバーを上部にスライドし、画面の一部を隠すことができます。時刻や音楽再生の画面をライン状に表示することができるイーゼルデザインを採用しているので、必要最小限の情報だけ目に入るようにできるわけです。

パネルにはLG自慢の次世代有機EL「OLED evo」を採用し、映像処理エンジンもAI学習機能を備えた「α9 Gen5 AI Processor 4K」を搭載。バーチャル7.1.2chサウンド再生可能な「AIサウンドプロ」など、テレビとしての基本性能にも優れています。

今まではホワイトのカバーのみ発売されていたのですが、このカバーのカラーリングを変えられるようになります。今回発表されたファブリックはレッドウッドとグリーンの2色。北欧っぽい中間色で、インテリアにもうまく溶け込んでくれそうなトーンです。

65インチというとサイズ的にもかなり大きいですから、この面積が無骨な黒から柔らかめのペールトーンに変わるだけで、リビングの雰囲気は大きく変わりそうですね。こういうテレビカバー、他社も積極的に取り入れてほしいと思います。

このフロントカバーは受注生産で、予想実売価格は5万5000円前後とややお高め。でも、大型画面にはこだわりたいけど圧迫感はイヤだという人なら、検討する価値ある製品なのではないでしょうか。

Nintendo Switchドックの機能が手のひらサイズに! 多機能ガジェット「Dongii」が今ならお買い得~

無印良品で売り切れ続出の“白い箱”で、部屋の中の生活感を撃退できるらしい…

Source: LG Electronics

text by 巽英俊

Ranking