3

アウトドアの際、必要なものを買い足しについつい寄ってしまうワークマン。

先日もふわっと店に立ち寄ったときにちょっと気になるアイテムを発見しました。

ワークマン発!簡易的な洗濯用バック

ワークマン「コンパクトウォッシュバック」

ワークマン「コンパクトウォッシュバック」1,500円(税込)

それは、ワークマンの「コンパクトウォッシュバック」です。

こちらの商品は簡易的な洗濯をするためのバックで、主にキャンプなどで使用する物のようです。

ワークマン「コンパクトウォッシュバック」

袋にバックル部分があり、くるくると巻き取り開口部を閉める構造

いわゆるドライバックに排水用のバルブが付いていると言うようなものになっています。

ワークマン「コンパクトウォッシュバック」

ワークマン「コンパクトウォッシュバック」

巻き取って棒状に収納できたり、付属の袋に入れて収納したりとかさばらないので持ち出しに良さそうですね。

重量も100g程なのでそこまで荷物にならないと思います。

ワークマン「コンパクトウォッシュバック」

容量は4Lで夏用の下着などを詰めてみたところ、2~3日分は入りそうでした。

Tシャツが3枚、靴下が2足、短パン1枚、タオル、パンツ2枚でもまだまだ余裕がありましたよ。

ちょちょいと洗濯が完了!

ワークマン「コンパクトウォッシュバック」

さて、では早速洗濯してみようかと思います!

まずは袋に洗濯物を少量入れて、中に水と洗剤を注入します。

この洗濯の水はあまり多めに入れない方がやりやすそうですね。

ワークマン「コンパクトウォッシュバック」

バックルの口を閉じ袋ごともみ洗いをします。

袋内に洗濯板状の突起のついた部分があり、洗いやすい仕様になっています。

ワークマン「コンパクトウォッシュバック」

脱水をする時はバルブを開き水を出します。

ちゃんと汚れが落ちているのがわかりますね。

ワークマン「コンパクトウォッシュバック」

すすぎに入る前には、洗濯物から洗剤を抜くためにしっかり脱水します。

バックル方からバルブに向かって押し出すようにしっかり脱水できたら、水を加えてすすぎに入ります。

ワークマン「コンパクトウォッシュバック」

やってみると、想像以上に簡単で◎。

衣類圧縮袋やバケツにもなる

ワークマン「コンパクトウォッシュバック」

この袋はバルブが付いているので衣類圧縮袋としても使えます。

わりとカチカチに固められるので持っていって損はないかと。ドライバック代わりにもなりますしね。

ワークマン「コンパクトウォッシュバック」

バケツとして、水を運ぶのにも便利ですよ。

ワークマン「コンパクトウォッシュバック」

シンプルだからこそ、応用力抜群

旅先の洗濯ストレスにもおさらば

ワークマン「コンパクトウォッシュバック」

ホテルにコインランドリーがない場合にも、これがあればさくっと必要最低限の洗濯が完了しますよ。

Ranking