Text and Photographed by 山﨑 舞

あっ、そこは使わないほうが…。汚れ激落ちの「メラミンスポンジ」でも使わない方がいいところ

狭いキッチンで、調理器具や食器、保存容器などを並べると混雑して使いづらくなります。

そんなときに大活躍する便利なアイテムを見つけました!

直火やオーブンにも使えちゃう。持ち手つきのホーローストッカーは万能!

野田琺瑯 ホワイトシリーズ 保存容器 持ち手付き ストッカー 丸型S 2,171円 ※アマゾン価格

それは、「野田琺瑯の持ち手付きストッカー」。

ホーローは、耐久性が高く保存容器として使われることが多い容器。

取っ手とフタがついていると、調味料や粉物、乾物などを保存するのに便利です。

正直、保存だけならタッパーでも十分……ですが、ホーローは、直火やオーブンにも使えます

例えばケーキを焼いたり、天ぷらを揚げたり、トマト缶と調味料を入れてそのまま火にかけたり……。なんてこともできちゃいます。

さらにシール蓋がついているので、粗熱がとれたら冷蔵庫へそのままイン。鍋にもタッパーにもなるとは……便利すぎる!

色が残りにくいホーローは、お手入れが楽ちん

大きさは、マグカップを2まわり大きくしたサイズ感。

お手入れもカンタンで、食器用洗剤で軽く洗うだけで汚れがするっと落ちます。

料理の色が残りにくいので、カレーやトマト煮などの保存にぴったり。

ホーローストッカーでフルーツゼリーをつくってみたよ

今回は、加熱OKの特徴をいかして、フルーツゼリーをつくってみました。

材料は、お好みのフルーツ缶とゼラチン。今回ゼラチンは、ふやかす必要がないものを使いました。

まずは、ホーローストッカーに、フルーツ缶をシロップごと入れます(甘さは水で調整を)。

ホーローストッカーを火にかけます。持ち手が熱くなるのでご注意を。

50〜60度になったら火を止めて、ゼラチンを投入。缶詰200gに対してゼラチン5gでしっかりめに固まります。

よく混ぜて常温になるまで冷まし、フタをして冷蔵庫で一晩冷やします。

夏にぴったりなゼリーが完成

涼しげな夏っぽい、ゼリーが完成!

調理時間は、5分ほどでした。簡単!

IHを使う人は注意

注意点は、このホーローストッカーはIH電磁調理器では使えないこと

IH対応のホーロー製品もあるので、調べてから購入するのがよさそうです。

「汁は残して、具は食べ切りたい」! ラーメンあるあるを叶える「琺瑯穴開きレンゲスプーン」

冷たさが6時間もキープできるカインズホームの「ペットボトルカバー」

Ranking