1

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。


Text and Photographed by Hirokazu Tanaka

アウトドアといえば、急な天候不良が避けて通れないもの。都市部でも、突然の豪雨など気になるところですよね。

というわけで、水に弱いガジェット類は、できれば防水仕様にしておきたいもの。

エレコムのNESTOUTは、アウトドアに特化したアイテムを扱っているブランド。もちろん、今回ご紹介する「NESTOUT モバイルバッテリー」も、IP67相当の防水・防塵仕様になっています。

うっかり水の中にドボンしても問題ないタフネス仕様が気になるという人、要チェックですよ。

防水・防塵・耐衝撃タフネス仕様とUSB-C給電対応

画像

ゴムパッキンが装着されていてネジ式キャップで密封できる端子部、いかにも頑丈な外殻を見ただけでも、「NESTOUT モバイルバッテリー」のタフネスぶりは十分に伝わるでしょう。

約340グラムという重量は、通常のモバイルバッテリーより1.5倍ほど重い計算になりますが、納得できるだけの理由があるというわけです。

また、バッテリーを充電するときに使うUSB-C端子は、アウトプットにも使える仕様。高速充電仕様のUSB-C to USB-Cケーブルを持っていれば、USB-A to USB-Cケーブルを使うよりスピーディに充電(3A)することが可能になっています。

基本機能にも、妥協はありませんね。

画像

スイッチを短く1回押せば残量チェックできるバッテリーチェッカーは、5段階表示。

ケーブルを接続するだけでも自動的に電源オンしてくれる仕様ですが、長押しでオンオフを切り替えることもできます。

ちなみに、USB Power Delivery 18W以上のAC充電器とUSB-C to USB-Cケーブルを使っても、バッテリーを満タンにするのに約2.5時間が必要になります。アウトドアでフルに使い切りたい場合、前日の充電を忘れないようにしましょう。

オプションパーツで機能性アップ

画像

また、専用のオプションパーツをセットすれば、ランタンなどに変身できるギミックも搭載。

画像

上の画像で見えている、カメラ三脚にセットするためのネジ穴は、このために用意されている仕組みです。

標準的な三脚と同じ1/4インチ規格なので、カメラ用品メーカーなどが扱っている三脚ネジストラップなどを装着しても、使い勝手が良くなりそうですね。

本来のアウトドア用途に使うのはもちろん、日常使いでも違いが出るタフネスさ。ぜひ試してみてほしいと思います。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

持ってるだけで安心感がすごい…Ankerの「高出力モバイルバッテリー」

Image/Source: ELECOM

Ranking