こちらは、(株)メディアジーンのコマースチームが編集・執筆した別企画の記事です。

Text and Photographed by Kiyoshi Kataoka

水切りラックは、洗った食器を立てかけるだけで水切りができて、拭く手間も省けるので、便利ですよね。

食後の洗い物は筆者が担当なので、水切りラックは頻繁に使うのですが、長年使っている水切りラックにちょくちょく水垢やカビが発生し、洗ってもなかなか落ちないことから、もう寿命だと判断。買い替えることにしました。

SIAA抗菌加工の水切りラック

レックの「マルチ 水切りかご (ワイド)」は、SIAA(抗菌製品技術協議会)が認定した抗菌加工を施した水切りラック。トレーとカトラリーポケットが抗菌仕様で手入れがしやすそう、というのが購入の決め手になりました。

商品サイズは、幅39×奥行27×高さ15㎝。事前に確認していたので、シンク横のスペースにジャストフィットでした。

カトラリーポケットは、幅11×奥行3.5×高さ8cmとコンパクトサイズ。取り外し可能なので、洗いやすそうです。

トレーはシンク内に水を流す・流さないを選べる止水栓付き

トレーには止水栓が付いていて、シンクに水を流す・流さないを選べます。筆者はシンクに水を流したいので、止水栓を外しました。

コップやペットボトルを干したり、まな板立てとしても使える外側スタンド

カゴの外側についているスタンドは、コップやペットボトル、水筒などを干すことができ、カゴの中を広々使えます。コップは幅を取るので、これはすごく便利ですね。

ただ、カゴの中に何もない状態で重量のある物をスタンドにかけると、重みで前に倒れる恐れがあるので、注意が必要。

カゴと外側のスタンドの間には2.5cmの幅があるので、厚手のまな板や発泡トレイ、タッパーのフタなども置くことができますよ。

直径28cmまでの大皿も置くことができる

レックの「マルチ 水切りかご (ワイド)」は、直径28cmまでの大皿も収納可能。カゴ横のU字型ワイヤーが皿をしっかり支え、下にある出っ張りで皿がズレないようになってます。

以前使っていた水切りラックは、皿を置くとぐらついて安定感があまりなかったので、これはかなり使い勝手が良いですね。

実際に洗い物を置いてみました

食後の洗い物を実際に置いてみました。皿大小×11枚、茶碗・汁椀各3個、コップ・マグカップ各2個、箸3膳、スプーン・フォーク各3本、お玉・へら各1本、と家族3人分の食器がラクラク入りました。

筆者はワイドタイプをチョイスしましたが、食器量が少ない方や置くスペースが狭い場合は、スリムタイプのバリエーションもありますよ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

片手で洗剤を出せるから、食器洗いのストレスもなくなる山崎実業の「食器洗剤ディスペンサー」

Ranking