1

コンビニで買った冷たいペットボトルをうっかりそのまま鞄の中に入れてしまい、気づいたら鞄が濡れている……なんてことありませんか。私はよくこれでバッグを濡らしてしまいます。

そんなプチストレスを今年こそなんとか解決したい! と思い防水バッグを探していると、普段使いからアウトドアシーンまで使える防水素材のマルチトートバッグをみつけました。

ザブザブ洗えるトートバッグ「ZAB(ザブ)」

ザブザブ洗えるマルチトートバッグ「ZAB(ザブ)」

「趣味の園芸 やさいの時間」(NHK)に出演していたタレントの川瀬良子さんとガーデニングカウンセラーの岡井路子さんが共同開発。畑作業や園芸はもちろん、キャンプやサーフィンなどのアウトドアシーンや普段使いにも活躍する防水素材のマルチバッグです。

ミニサイズ、普通サイズ、大きいサイズの3サイズあり、カラーもあわせると全10種類。

デボス加工のロゴが入った内ポケットがシンプルでかつスマートフォンも入る大きさがあるので、濡らしたくない小物の収納にぴったりです。

内側も防水素材だから、土汚れを気にせずに野菜を入れることも。

いつも土で汚れる覚悟をしながら作業していた家庭菜園がとっても楽になりました!

使った後は水で洗うだけ。底の天板が簡単に取り外しできるので分けて洗えます。

今まで白色のバッグは汚れが気になり躊躇していましたが、「ZAB(ザブ)」なら汚れを気にせず楽しめています。

1週間使ってみた

2022年3月2日に発売されたミニサイズの「ZAB」を1週間使ってみました。

普段のお買い物やコンビニにちょっと行くときに便利なサイズです。急な雨が降ってもサッと拭けるので雨の日のおでかけも快適。

休日は温泉巡りをしているので温泉セットにも使ってみました。

いつもマイシャンプーを持って行くのですが、カゴバッグだとすき間からの水で濡れてしまうなんてことも。このバッグなら防水性が高いので、そんなストレスも解決してくれます!

無印良品の「フタが外せるPET詰替ボトル約785ml」でもすっぽり入るサイズ感。

使ったあとにささっと洗って表面を軽く拭くだけで、濡れずに持ち運ぶことができました。

大きいサイズはアウトドアにおすすめ

大きいサイズは持ち手が長いので肩にかけることもでき、持ち運びが楽ちん。

約28Lの大容量なサイズは様々なアウトドアの場面で活躍してくれます。

夏場の濡れた水着やキャンプ道具入れの他にもおすすめの使い方があるんです!

まだ少し早いですが、冬のスキー・スノーボードのウェア入れとしても使えます。

意外と濡れるとべちゃべちゃになって不快感のあるウェアやグローブを「ZAB(ザブ)」にポイッとするだけで車内が濡れてしまうのを防ぐことができます。

どのサイズでも色んな使い方ができるので、一度使うと全サイズ欲しくなりそう……。

オールシーズン使える防水素材のバッグで汚れる心配から解放されて、自分だけの使い方を発見してみてください!

アウトドアシーンでちょっとした明かりが欲しいときにモンベルのマルチランプが活躍するらしい。

ワークマンの「1,500円寝袋」がお値段以上だった!

Ranking