Photographed by floraison

ライフハッカー[日本版]より転載。

毎朝完璧な深剃りをキメたい方にうってつけのプロダクトがmachi-yaでプロジェクトを展開してします。

Bokerプレミアムシェーバー」は、ドイツの刃物の都市ゾーリゲンが生み出した両刃カミソリ。キャッチフレーズには、“夕方まで肌すべすべ”を掲げています。名門刃物メーカーBoker(ボーカー)社が、152年をかけ剃り味剃り心地を追及した末の成果物

老舗の技術の賜物を体験できる「Bokerプレミアムシェーバー」のキャンペーンは間もなく終了になります。まだチェックしていなかったという人のためにプロダクトの特長を紹介していきます!

シェーバービギナーにも優しい


「Bokerプレミアムシェーバー」では2種類のシェーバーが用意されています。

シェーバー初心者も使いやすいのがバタフライモデル。ヘッドの構造設計により、肌にあてたときヘッドの角度が30度を保ちやすくなっています。

誰もが“優しい深剃り”を実現しやすい同モデル。もちろんプロ仕様なので、ヨーロッパのバーバー仕込みの爽快な剃り味も体験できます。

玄人が愛用するのが極薄ヘッドモデル。こちら、刃の角度を手元でコントロールしやすいよう設計されています。髭を整えるのにこだだわりがあるがゆえに、ダブルエッジレザーを使い続けている方も多いはず。そんな方々が深剃りのその先を目指すなら、こちらのモデルがおすすめです。

超低温特殊加工が施された専用替刃が通好み

ハンドルのグリップ感や操作性にも注目したいところ。「Bokerプレミアムシェーバー」では、バタフライモデルで寸法精度の高いダイカスト加工、極薄ヘッドモデルではラグジュアリーな見た目の削り出し加工が施してあり、濡れた手で扱っても滑りにくくなっています。

バタフライモデルはよりしっかりグリップ感が得られて安定しそう。薄型ヘッドモデルのものは、細身で操作性も考慮されているように見えます。

素材はオールメタルで、余計な力をかけず自重で髭が剃れます。

極めつけは超低温特殊加工で仕上げた純正替刃。冴えた切れ味な替刃とセットで使うことで、シェーバーのポテンシャルが開花するんじゃないでしょうか。

水ですすぐだけで清潔さが保てる


シェーバーが電気カミソリよりも有利な点に、メンテのシンプルさがあります。「Bokerプレミアムシェーバー」に関しても、毎日のお手入れはサッと水ですすぐだけでOK。ヘッド下部に溝が設けてあり、ここからクリームやそった髭が排出されるようになっています。

身だしなみの隙をなくしたい方にこそおすすめなプレミアムシェーバーです。

名門刃物メーカーが数世代かけて到達した「Bokerプレミアムシェーバー」は、現在machi-yaで支援を受け付けています。

執筆時点では早割20%OFF、8,960円(税・送料込み)からオーダー可能。専用替刃の支援コースも用意されています。

キャンペーンは締切間近! エントリーは以下のプロジェクトページから確認を。

産毛や眉毛に悩んだら…パナソニックの名作フェイスシェーバーなら間違いなし!

初心者必見!基本のメンズスキンケアとおすすめ商品12選

Ranking