9

家の近くにできた「ワークマン女子」。

キャンプ用品が充実していると聞いて足を運んでみると、ビックリするぐらい安い寝袋を発見!

ワークマンの「BASICスリーピングバッグ」

ワークマン 「BASICスリーピングバッグ」 1,500円(税込)

キャンプでの睡眠の重要性に気付いて10年。それからはキャンプ時の寝具にはこだわり、コット、インフレータブルマット、寝袋は入念に調べて購入。

機能重視になると値段もそこそこしていたのですが、ワークマンで見つけた「BASICスリーピングバッグ」は1,500円。

機能も気にせず「災害時や来客者用のブランケット代わりにもなる!」と思い軽い気持ちで購入しました。

実際使ってビックリ! 保温性はあまり期待していなかったのですが…

ワークマンの「BASICスリーピングバッグ」は封筒型で、私が普段使用しているモノはマミー型の寝袋。

マミー型は封筒型より携帯性・保温性に優れているものが多いと言われています。保温性はあまり期待せずにワークマンの寝袋をキャンプに持って行ってみると、思った以上に保温性があってびっくり!

公式には快適使用温度13度となっていますが、中綿が入っていて温かく3シーズン使用できるほど。

封筒型は足元が絞られていないためマミー型より寝やすい点はもちろん、2面ファスナ―があり、暑い季節は広げでブランケット状にすることも、足元だけ開けて使用することも可能です。

同一商品をファスナーで繋げることだってできます。

この季節は車に入れて置けば、クーラー冷え防止のブランケット代わりにもなります。

コンパクトに畳めるところも◎

寝袋の特徴はコンパクトに収納できる点ですが、正直ワークマンの寝袋は他の寝袋と比べるとコンパクト性に優れているということはありません。

だたし、通常のブランケットに比べると収納袋に入れられ、パススルーベルトをきつく締めれば、収縮することもできます。

重さも1.29kgとさほど重くないので、オートキャンプに最適です。

ただし…

スペック的には問題ないのですが、収納袋に詰め込んだ後は表地がシワになりやすいです。

また、洗濯機で洗うことは推奨されていなので、洗う場合は手洗いになります。

ツートンカラーでデザイン性あり

寝袋はワントーンのモノが多いですが、ワークマンの「BASICスリーピングバッグ」は、ツートンカラー。

ブラウン、コヨーテ、キャメルと3色のアースカラーで、どんなキャンプスタイルにも調和。安っぽくないカラーも人気の理由のようです。

大家族でも1人1個持てる価格

寝袋は1万円以上するものが多く、家族4人揃えるとかなりの出費になりますが、ワークマンの寝袋は家族4人で揃えても6,000円と高コスパ。

正直、スペックにあまり期待はしていなかったのですが、寒い季節にキャンプに行かなければこの寝袋で充分。

冬キャンプをする人は、この封筒型の中にマミー型の寝袋を入れて二重使いをすることもでき、キャンプ初心者だけでなく、寝袋を持っている人はエクストラの寝袋として購入するのもアリです。

キャンプをしない人は、防災用にひとつ家や車に入れて置くと、いざというとき役立ちますよ〜。

封筒型のダウンシュラフ、使いやすさの秘密は?

スノーピークのシュラフを購入して1年。車中泊を経験した私が防災グッズとしても心強く思えるワケ

Ranking