こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。

今年は6月から猛暑並みの暑さ。そんな気温でも感染対策を続けなくてはいけません。息苦しさを少しでも快適にしてくれるマスクはないかと思っていたところ、姉妹サイトCoSTORYに登場している高機能マスク「KN95 折りたたみマスク」を発見。

医療現場で使用されているマスクで、医療従事者たちの息苦しさを軽減できるように努めたマスクということ。サンプルをお借りすることができたので、実際に試してみた感想をご紹介します!

0.1ミクロンの微粒子も95%以上ろ可

「KN95 折りたたみマスク」が届いたので早速開けてみると、いわゆる医療現場の人が着けているマスクといった形。

触った感触は、不織布に厚みがありフカフカとしていました。この厚みならば、粒子や花粉などを通さない印象です。

実際に、このフィルターは、0.1〜0.3ミクロン程度の微粒子を効果的にろ過する仕様。飛沫、花粉、PM2.5などから健康を守ってくれそうです。

前面の3Dデザインにより、鼻と目の輪郭にフィットし、アイマスク用のスペースが広くなるように設計されているとのこと。ユーザー目線のマスクですね。

どんな人にもフィットするノーズクリップつき

マスクの上部にはシルバーのノーズクリップが付いています。

このクリップをマスク装着時に鼻と頬の凹凸にしっかりとフィットさせることで、よりマスクを密着させる働きがあります。この3Dデザインは、鼻呼吸をしたときに息苦しくないことにもつながっていました。

実際に装着してみると、私の顔にも隙間なくフィットしました。

私はあまり鼻が高い方ではないですが、鼻が高い人ならより快適に感じると思います。

ちなみに眼鏡をかけてみましたが、息が漏れてレンズが曇ることも少なかったです!

個人的にはこれが高ポイントでした。眼鏡ユーザーやこれから紫外線対策でサングラスをかける人には、「KN95 折りたたみマスク」は過ごしやすいプロダクトだと思います!

そして何よりもこの前に伸びたデザインが息がしやすい! 息がこもることも少ないので、この日は東京で32度を超える気温でしたが、マスクの中が汗でぐしょぐしょにならずに済みました。

3Dデザインでメイクが付きにくい

「KN95 折りたたみマスク」を1日装着して過ごしてみて、驚いたのは、帰宅後のマスクに口紅とファンデーションがあまり付いていなかったということ。

よく見ると若干鼻の部分や不織布が当たる頬の部分は黄色くなっていましたが、口紅はほぼついていませんでした。

これには感動! 食事の時にマスクに口紅が付いてると再びつける時に衛生面で抵抗があったので、「KN95 折りたたみマスク」なら見た目にも好印象です。

ただ、普通のマスクよりもちょっとお値段が張るので、普段使いするのは少し抵抗があります。でも、値段なりに快適さと衛生面での安心感が約束されているので、状況で使い分けるのはアリだと思いました!

「KN95 折りたたみマスク」は10枚入り。5枚づつ袋詰めにされています。

KN95 折りたたみマスク」は、現在、共同購入サイト「CoSTORY」にて、2名のメンバーを集めて購入をすると、約50%OFFの特別割引価格2,957円で購入できます。

下記リンク先ページで、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

【CoSTORYとは?】

CoSTORY(コストリー)』は、友人や家族・同僚などと一緒に、楽しくお得にショッピングができる”共同購入”の体験を提供する、新しいソーシャルコマースプラットフォームです。 24時間以内に設定された人数以上で買い物を行うことで、最大50%OFFの特別割引適用・限定商品をGET

※など、一人では得ることのできない特典を受けることができます。※特典内容や、購入成立のための必要人数は、商品によって異なります。

※個別配送のため、一緒に買う他の購入者に個人情報が共有されることはなく安心です。

※その他ご不明点は、チュートリアルおよびQ&Aを参照ください。

Photographed by Maiko Watanabe

Source: CoSTORY

Ranking