夏はさっぱりとした「浅漬け」が食べたくなります。

先日、中川政七商店でぴったりなアイテムを発見しました。

パウダータイプの「浅漬けの素」

中川政七商店「昆布とレモンの浅漬けの素」

中川政七商店「昆布とレモンの浅漬けの素」¥702(税込)

それがこちらの、「昆布とレモンの浅漬けの素」です。

昆布だしにレモンの酸味が加わったパウダーで、野菜に混ぜて冷蔵庫に寝かすだけで簡単に浅漬けが完成します。

一袋できゅうり約20本が漬けられますよ。

中川政七商店「昆布とレモンの浅漬けの素」

パウダーを少し味見してみると……口に入れた瞬間にレモンの酸味を感じ、あとから昆布の旨味がじゅわっと広がっていく〜。

浅漬け以外にも、さまざまな料理にふりかけたくなる味わいです。

作り方は簡単

中川政七商店「昆布とレモンの浅漬けの素」

まずは使用する野菜を水でキレイに洗い、食べやすい大きさに切ります。

野菜200gに対して、大さじ1の浅漬けの素を加えてよく混ぜます。

中川政七商店「昆布とレモンの浅漬けの素」

その後、重石をのせるか、ラップなどを野菜に密着させて空気を抜き、冷蔵庫で5〜6時間漬け込みます。

12〜24時間漬け込むと、より風味が豊かになるんだそうです。

中川政七商店「昆布とレモンの浅漬けの素」

我が家には重石がないため、今回は保存袋に入れて作ってみました。きゅうりの他に、なすも少し漬けましたよ。

気になるお味は……?

中川政七商店「昆布とレモンの浅漬けの素」

12時間ほどつけてみました

出来上がった浅漬けを食べてみると、さっぱりとしていて美味しい〜!

長時間漬けるとレモンの酸味は薄まってしまいますが、昆布の旨味がしっかりとついていて、コクのある浅漬けに仕上がっています。

パリパリと何枚でも食べられるかのような、さっぱりとした浅漬けです。

お肉の味付けにも◎

中川政七商店「昆布とレモンの浅漬けの素」

浅漬け以外にも使えるのではないか?と思い、さまざまなアレンジを試してみることに。

まずはお肉の味付けに使ってみました。

焼いた鶏胸肉に、味見をしながらふりかけて炒めます。

中川政七商店「昆布とレモンの浅漬けの素」

ほんのりとレモンの酸味が効いた、夏らしい一品が完成!

もし濃いめに味をつけたい場合は、多めにふりかけるか、焼く前に下味として揉み込んでおくのが良さそうです。

ドレッシング代わりとして使う

中川政七商店「昆布とレモンの浅漬けの素」

個人的におすすめなのが、サラダのドレッシングとして使うこと。

ふりかけるだけで、さっぱりとした味わいになって美味しい。コクもあるため、満足度のあるサラダに変身します。

他のアレンジの場合、時間が経過したり火を通したりすると、レモンの風味が弱まってしまいやすいです。しかし生野菜だと、一番レモンの味わいが感じられますよ。

和え素麺に使っても美味しい

中川政七商店「昆布とレモンの浅漬けの素」

和え素麺を作るときの、タレ代わりに使ってみました。

茹でた素麺にお好みの量をふりかけてよく和えたあと、ネギや野菜をトッピング。

レモンの風味を感じつつ、さっぱりとした和え素麺になり美味しかったです。

パウダーだから収納しやすい

中川政七商店「昆布とレモンの浅漬けの素」

液状でボトルタイプの浅漬けの素だと、かさばりやすく冷蔵庫で収納しづらいことがありました。

しかしパウダータイプなら、かさばらず隙間にスッと収納できますよ。

夏の食卓に使いたいアイテム

中川政七商店「昆布とレモンの浅漬けの素」

液状の浅漬けの素と比べると、お値段はするものの……さまざまな料理に使えるのは嬉しいポイント!

夏の食卓に使ってみませんか?

Ranking