4

休日や平日の夕方も、暇さえあれば海へ繰り出しています。

ちょっと困っていたのが貴重品の持ち歩き。

足だけ入ることがほとんどという私に、ちょうどいいサコッシュを手に入れました。

軽さとちょうどいい防水性

FAIRWEATHER 「zip sacoche」 6,050円(税込)

海で貴重品を持ち歩くなら、完全防水のサコッシュやポーチが最適。それはわかっているのですが、なかなか気に入ったデザインのものに出会えず。

そもそも子どもの付き添いで足だけ海に浸かっている状態のことがほとんどだし、完全防水じゃなくていいのかも……。

狙いを水しぶきが掛かっても安心な防水性に切り替えたところ、見つけたのがこのサコッシュです。そもそも本気で泳ぐときはさすがに陸に置いていきますしね。

FAIRWEATHER(フェアウェザー)は晴天・快晴という意味で、自転車業界を明るく照らす日本のブランド。主に自転車周りのパーツやバッグなどを作っています。

MADE IN JAPANのタグにプライドを感じますね。この「zip sacoche」は、キャンプサイトでの行動用バッグを想定して作られたそう。

雨に降られたときにも安心な防水仕様は、海辺にもぴったりでした。

水にも砂にも対応してくれる

生地に採用しているインビスタ社のシリコンコートコーデュラリップは、防水性と軽量性に優れた素材。

とにかく薄くて生地自体の重さは、ほとんどないのではというくらいです。

子どもと水遊びするときはこんな風に短めに斜めがけして海へ入りますが、水がパシャパシャとかかったくらいでは中はまったく濡れていません。

止水ファスナーを使用しているため、水没しない限り大丈夫なのではという気もします。

この「zip sacoche」を購入する前はファスナーなしのサコッシュを使っていたのですが、海から帰ると中身が砂まみれということも。

ファスナーを閉じれば砂の侵入も防げますし、その辺にポンと置いてしまっても中身が飛び出さないのも安心ポイント。

ミニマルな中に細かい気配り

内側には間仕切りがあり、荷物をざっくりと仕分けができます。

サコッシュって便利ですが入れるものが多いと中身がごちゃっとしてしまうため、仕切りがひとつあるだけで助かります。

さらに外側にもポケットがあり、スマホやサングラスなどすぐに取り出したいものを入れておくと便利。

ストラップはドローコード式で簡単に調整ができ、夜間での視認性が高いリフレクターテープが編み込まれています。

ミニマルな中に、機能や仕様を厳選して盛り込まれているため、ストレスなく使うことができます。

残念なところ:重いものを入れると…

ストラップが細いので、重いものを入れると肩に食い込む感じがあります。

所有しているもうひとつのサコッシュ(写真左)が幅広めのストラップなので、その辺は否めず。

海へ行く際は中身も少なめなので問題ないのですが、これひとつにドリンクなど持ち物をすべて入れて長時間歩くと、さすがに肩が痛くなってしまうかもしれません。

結果毎日使ってます

海やアウトドア用にと思って購入しましたが、気がつけば毎日使っています。

お財布やメイクポーチもコレに入れたままでOKなので、準備もラク。

ドリンクを入れると重い問題はありますが、近所へのちょっとしたお出かけならこれひとつで。

大きめのトートバッグを持ちたいときにはストラップを外してバッグインバッグのようにも使えます。

考え抜かれた仕様と防水性はシーンや天気を選ばず、コレを持たない理由がないという感じ。

このサコッシュとあわせて、水陸両用パンツも持っておくと水遊びは完璧です。

濡れたものと乾いたものを分けて入れられるパーゴワークスの3Lバッグも便利です。

Ranking