4

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。


Text and Photographed by Hirokazu Tanaka

テレワークの普及は、通勤時間の削減、余暇時間の充実といっしょに、身体の不調も連れてきてしまったようです……。

PCの前に同じ姿勢で座りっぱなしのまま仕事を続けることで、腰痛や肩こりに悩まされるようになったのは、おそらく私だけではないはず。

というわけで、コンパクトでかさばらず、マッサージ効果も高そうなアルファックスの「首スッキリング」を入手してみました。

肩こりがツラいという人、ぜひチェックしてみていただければ。

しっかり硬いポリプロピレン製

画像

ポップな色使いの「首スッキリング」は、写真で見ただけだと少し柔らかそうな印象があるかもしれません。

しかし実際は、床に落とせば”ゴトッ”という音がするくらい硬くて重い材質(ポリプロピレン)で出来ています。

石のような硬さを持ちつつ、石と比べれば肌触りが優しい(熱を奪われにくい)ので、マッサージ用途にピッタリな材質だと言えるでしょう。

画像

上の画像のように、首の下に置いた状態であお向けに寝れば、いわゆるスマホ首(猫背)になっている頸椎を伸ばしつつ、首のコリをほぐしてくれるという仕組み。

私は、睡眠前に5~10分くらい使っています。ストレッチや湿布なども併用しながらですが、約2週間でかなり症状が改善してきたので、もう少し続けてみようと思っていますよ。

ツボ押しもできる形状

画像

首スッキリング」は、首まくらとして使うだけじゃなく、ツボを刺激するマッサージャーとしても使える仕様。

内側にある4つの突起を使って、強さを加減しながら痛みのある部分に押し当てましょう。

画像

ヒジを鳥の羽のように大きく広げる動きも加えると、肩甲骨を動かす運動も兼ねることができます。この動きも、症状改善につながった可能性があるかなと考えています。

コリや痛みの原因は人それぞれ違うはずなので、自分に合っている動き(刺激)を探しながら、無理のない範囲で使ってみていただければ。

リーズナブルな価格ですし、とりあえず試してみる価値はあると思いますよ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

全部買っても1万円!お買い得な宅トレグッズ6選

Ranking