コーヒーを飲むときにどう淹れるかも大切だけど、どんな道具を使って淹れるかも同じくらい大切ですよね。

機能面はもちろんですが、見た目の好みだって妥協できません。

夏は見た目の涼しさも重視してみようと思い、透明コーヒーセットをはじめてみました。

KINTOのミニマルなコーヒージャグ

KINTO 「SCS コーヒージャグ 2cups」

KINTO 「SCS コーヒージャグ 2cups」 1,100円(税込)

透明コーヒーセットをはじめるにあたって購入したのが、KINTOのコーヒージャグ

収納のしやすさを考えて、コーヒー2杯分のタイプをチョイスしました。これと、4杯分のタイプも販売されています。

SLOW COFFEE STYLE ロゴ

このコーヒージャグはKINTOのSLOW COFFEE STYLEというシリーズのひとつ。

他にもドリッパーやマグカップ、ケトルまで。それぞれのアイテムに、ハンドドリップで淹れたコーヒーをゆったり味わうための工夫が施されています。

ゆるやかなフォルムを眺めるだけでも心地いいですが、耐熱ガラスでできているため電子レンジ・食洗機・乾燥機に対応している点は心強い。

引き算されたデザイン

KINTO 「SCS コーヒージャグ 2cups」にKONOのドリッパーをオン

KONOのドリッパー、長い間使っているのでひび割れてます。

側面の白い目盛りと、底面のロゴデザインを以外には装飾が施されていません。必要最低限の情報量に感じる潔さ

この白丸まで注ぐと1杯分(300ml)の量になりますが、試しにすり切り一杯まで水を入れたところ実測値は約500mlでした。

KINTO 「SCS コーヒージャグ 2cups」に氷を入れる

早速、アイスコーヒーを淹れていきましょう。

コーヒージャグにごろっと氷を入れる瞬間から、すでに楽しい。

氷をたくさん使う背徳感……とでも言うのでしょうか。

KINTO 「SCS コーヒージャグ 2cups」を使ってドリップ

蒸らしの瞬間、いつもちょっとドキドキします。

最近は分量を計らず、そのときの気分で淹れることがほとんど。自分がおいしいと感じればOKかなと。

ただ、1日に2~3杯飲むとすぐに氷がなくなっちゃうので、氷のマネジメントはきちんと行わないとな……と感じさせられるこの頃です。

音・見た目・味で涼しく

KINTO 「SCS コーヒージャグ 2cups」でつくったアイスコーヒー

完成しました。

ジャグを横に揺らすと、カランカランという音と共に涼を感じられます。

KINTO 「SCS コーヒージャグ 2cups」にアイスコーヒーを淹れた

アイスコーヒーはゴクゴク飲めちゃうので、1.5杯分淹れてひとりで飲むことがほとんどです。

コンビニでロックアイスを買ってきて喫茶店みたいなアイスコーヒーを作る遊び、休日にやりたいな〜。

コーヒーアイテムは透明で

KINTO 「SCS コーヒージャグ 2cups」をつかって淹れたアイスコーヒー

コーヒーアイテムを透明で揃えたら、これまで以上にコーヒーの色をよく見るようになりました。

透明のコーヒーセット

豆の種類やお湯・氷の分量によってコーヒーの濃度が変わって、部屋に入る光の加減によってコーヒーの透明度が変わる。

コーヒーの新しい楽しみ方を発見できたような気がしています。

家で試せるアイスコーヒーの淹れ方を知りたい方は、ぜひこちらを。

コーヒーもいいけど、「喫茶店のクリームソーダ」も再現してみたいなぁ。

Ranking