7月に入り、外に出るのが億劫になるほどの暑さが続いていますね。

おうちで涼しく楽しむアイデアとして、最近は喫茶店のメニューを再現する「自宅喫茶」にハマっています。

そこで今回は、見た目も涼やかなクリームソーダの作り方をご紹介。簡単に作れるのでぜひ試してみてくださいね!

材料はたったの4つだけ

・かき氷シロップ
・炭酸水
・バニラアイス
・シロップ漬けのさくらんぼ

用意するのはたったのこれだけ。スーパーやコンビニで揃うため、飲みたくなったら気軽に作ることができます。

途中で炭酸を抜く作業があるので、炭酸水は「ウィルキンソン タンサン」のような強炭酸のものがおすすめ。

バニラアイスはいろいろなものを試しましたが、個人的には「スーパーカップ」が一番喫茶店の味に近いように感じています。

お気に入りのグラスを用意しよう

ICHENDORF MILANO「TUTU White Wine Glass」 1,650円(税込)

おうちでクリームソーダを作るときに重要なのがグラス選び。デザインの良いグラスにすることで、喫茶店感がグンと増してくれますよ。

こちらは、バレエのチュチュのようなデザインが特徴のワイングラス。中に入れた飲み物を美しく見せてくれるところが気に入っています。

クリームソーダの作り方

まずは氷の入ったグラスにかき氷シロップを注いでいきます。シロップの種類にもよりますが、グラス全体の5分の1程度を目安にするとちょうど良い濃さになりますよ。

続いて炭酸水を投入。グラスの8分目あたりまで入れましょう。

はじめに氷を入れておくことで、炭酸水を注いでも綺麗なレイヤーを保ってくれます。

炭酸水を注いだら、スプーンなどでかき混ぜて程よく炭酸を抜いていきます

この作業を忘れるとバニラアイスを入れたときに大量の泡が発生して溢れてしまうため、忘れないように気を付けてください。

スプーンを底に付けてくるくると回すことで、綺麗なグラデーションを作ることができます。

最後にバニラアイスを乗っけて……。

さくらんぼを飾ったら完成です!

はじめはそのまま、途中からバニラアイスを溶かして飲むクリームソーダは、喫茶店で飲んだ味そのもの。夏がやってきたなあとなんだか嬉しくなります。

色違いも綺麗だな〜

おうちで作るクリームソーダは、かき氷シロップの味を変えることで自分好みのカラーにできるのも魅力。

これから迎える夏本番。見た目も涼しいクリームソーダで暑い日々を快適に乗り越えましょう。

大人のクリームソーダ」も楽しそう〜!

暑い日はアイスコーヒーも良いな〜

Ranking