1

最近銭湯通いにハマってまして。

気分によってサウナに入ったり、お風呂だけだったりと日によってまちまちなんですが週に2回ほど通っています。

お風呂グッズは無印のEVAポーチにまとめて入れてるんですが、悩ましかったのがタオル。厚みがある分バッグのなかを圧迫するんですよね……。

手拭いとタオルのいいとこ取り

コンテックス「手ぬぐいタオル 布ごよみ」770円(税込)

その悩みを解消してくれたのがこちら。

愛媛県今治市で今治タオルなどを中心にモノづくりを進めているコンテックスが発売する「手ぬぐいタオル 布ごよみ」です。

「布ごよみ」は手ぬぐいとタオルの特徴を併せ持ったアイテムで、表面はメッシュ状、裏面はタオル生地になっています。

一般的な手ぬぐいよりもふんわりかつしっかりと吸水してくれるため、風呂上がりの拭き上げも楽々。

コンテックスからはサウナ用のタオル「MOKU」も発売されていますが、あちらはいかにも「サウナ好きだぜ!」とった感じがしてしまい(気のせいですが)、個人的な好みもあって涼しげなデザインが多い「布ごよみ」を使っています。

金魚と水草のデザインは懐かしくて可愛らしい。この気取ってない感じが好きなんですよね。

布のデザインは豊富に展開されているので、好みのモノを探す楽しさもあると思います。

長さがちょうどいい

「布ごよみ」は長さが1mあります。首や肩にかけたまま使うのにちょうどいい長さなので、夏場の作業やスポーツにも向いてます。

長さはありますが、生地はかなり薄手。折りたたんでも厚みが出ず、以前使っていたタオルと比べて厚みが半分くらいになった感じがします。

銭湯に行くときはなるべく身軽でいたいですから、カバンの中が省スペースになるのは嬉しいですよね。

ガシガシ洗うには物足りないかも

裏地のタオル生地はかなり柔らかいので、いわゆるボディタオルのようにガシガシ擦り洗うのには不向きです。

泡立ちはしっかりするので、洗い方はお肌に優しくソフトタッチな感じがおすすめ。

サウナハットの代わりも楽々

この長さを活かして、サウナに入るときは髪が傷まないようにサウナハットの代わりに頭に巻いて入ってます。個人的には、剣道で面をつける時の巻き方がお気に入り。

ちなみに、こんな感じで巻いていきます。

1.前髪をかき上げるようにタオルをかぶせて、摘んでいるタオルの両端を前に持ってきます。

2.右手で摘んでいるタオルをぐるっと左耳の上まで持っていきます。

3.左手で摘んでるタオルを逆に右耳の上まで持っていきます。

4.顔の前に垂れているタオルを頭の上にあげて完成。

タオルを巻き付ける時にキュッと締め付けられるので、頭の上でぷらぷらしないのがいいんですよね。日本っぽさもある気がしますし。

これができることを考えると、やっぱり1mの長さはありがたいですね。

吸水性も問題なし

肝心な吸水性も問題なし。薄手なぶん最後に絞っておけばすぐ乾くので、バッグの中がびしょびしょになることもないため、お出かけ用のタオルとしても優秀。

銭湯通いが趣味じゃなくても、スポーツやアウトドアに行く時に持って行く1枚としても大正解だと思います。

お値段は1枚770円(税込)とお手頃なので、外でのひとっ風呂が恋しくなる今の時期、1枚常備しておくとなにかと助けられますよ~。

Ranking