1

まだ猛暑になる前のこと、友人に連れられ初めてのデイキャンプに行ってきました。

友人の使っていたハイランダーのタープにすっかり惚れ込んでしまい、家族でもキャンプを始めるきっかけに。

重い腰をあげてまでキャンプに行き始めたのは、扱いやすく機能的なタープのおかげといっても過言ではないんです……!

難易度が高いと思っていたタープ。テントより簡単でハマっちゃった!

ハイランダー 「トラピゾイドタープ ポリコットン+スチールポール230 2本セット」
10,980円(税込)

キャンプといえばテント! と思っていたのですが、一緒にデイキャンプに行った友人が持参していたのはハイランダーの「トラピゾイドタープ」というもの。

スチールポールが2本セットになった10,980円のもので、使う前には「タープって難易度高いな……。キャンプ初心者にはちょっとハードル高いかも。」とややマイナスなイメージがありました。

それこそ“キャンプ上級者が使うもの”という先入観があったのですが、驚くほど扱いやすかったんです。

分解されたポールをワンステップで取り付けて、あとはタープを広げてペグを打つだけ。

ひとりで設営はまだ難しいですが、タープを初めて扱う夫とわたしでも短時間で張ることができました。

「食事中に倒れたりしないかな」という不安もありましたが、2本のポールがしっかりとタープを支えてくれます。

ちなみにハンマーはダイソーで販売されていたものを別で購入し、タープと一緒に収納袋に入れています。

不慣れでペグを打つ位置は何度かやり直しをしたものの、やや強い風が吹いてもタープが倒れることなく良い雰囲気。

テントよりも広々とした開放感があるし、デイキャンプのみのわたしたち家族にはぴったりな大きさ

日陰になり風も感じることができるので暑さ対策もできて、キャンプグッズの中でもお気に入りのグッズです。

撥水加工で汚れにくい。コンパクトで持ち運びも便利

生地は北欧出身のブランドらしいナチュラルなデザインと色合いで、360×340cmと広々としたサイズ。大人3人、子供2人で使用したところ、ちょうどよく感じられる大きさでした。

タープには撥水加工が施されているためか、汚れにくいのも良い。急な雨でも濡れない安心感があります。

セット内容はタープを入れる収納袋と、

ポールとペグを入れる収納袋。

収納すると比較的コンパクトになるので、どこでもデイキャンプができるように車の中に常備しています。車ナシだと持ち運びはちょっとキツいかな。

また、付属のペグも簡易的なもので刺さりはしますが、抜けやすいため買い直した方がベター。

それでも1万円ちょっとなら許せる! というほど初心者にも張りやすく、機能的なタープだと思います。

他のキャンプ用品との相性も良い

以前購入した、ハイランダーのウッドフレームリラックスチェアや、

ウッドロールトップテーブルも一緒に使ってみると、もちろん相性良し!

ハイランダーの商品は全般的にナチュラルでウッディな商品が多いため、他のキャンプグッズともマッチして、好んで使っています。

もちろんタープも緑のなかに溶け込むデザインと色合いになっています。

テント張るのは面倒そうだしお高いし、そもそもキャンプにハマるかわかんないし……と思っていたわたしが、すっかり惚れ込んでしまったハイランダーのタープ

キャンプ初心者にも扱いやすく価格も手頃で、予想以上にキャンプにハマるきっかけになったのでした。

アウトドア初心者におすすめしたいキャンプ場が、「水源の森 キャンプ・ランド」。アウトドアのプロがプロデュースしたらしいよ。

コールマンの「ダブルパンクッカー」は2つのフライパンにもなるホットサンドメーカー! とりあえずキャンプに持っていけば大活躍間違いなし!

ハイランダー トラピゾイドタープ ポリコットン+スチールポール230 2本セット[楽天市場]

Ranking