3

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。


Text by Hirokazu Tanaka

首の背中側(うなじ)は、脳と直結した頸椎があるところ。脊椎動物にとって極めて重要な神経が集中している場所です。

だからなのか、うだるような暑さでも、この部分を冷やしてやるとグッと過ごしやすくなるんですよね。

ドウシシャの「Tempo Clip」は、この頸椎あたりを冷やすための冷却アイテム。逆に温めることもできるので、オールシーズン対応可能です。

ペルチェ素子でしっかり冷やす

画像

コンパクトな電気冷温庫などで使われることが多いペルチェ素子は、通電することで熱移動を発生する半導体素子のこと。

冷却効果は、エアコンに使われているヒートポンプには及ばないものの、小型化が容易という特長があります。

Tempo Clip」は、このペルチェ素子を搭載。ヒンヤリとした感覚だけの冷感スプレーなどと違い、実際に温度を下げることができるので、上手く使えば暑苦しさをしっかり解消してくれるはずですよ。

ネックアームでぶら下げる

画像

使い方は簡単。折りたたみ可能なネックアームを使って、頸椎付近を冷やせる位置にセットするだけです。

ペルチェ素子を冷却するためのファンが内蔵されているので、それなりの厚みがあるのは割り切りが必要なところ。

とはいえ、最初はジョーク商品のように思われていたファン付きジャケットにもすっかり見慣れたように、実用性の高さが違和感を拭い去ってくれるんじゃないかと思いますよ。

画像

ネックアームは折りたたみ可能になっていて、収納時にはコンパクトにすることもできます。

充電池とUSB-C給電の2電源仕様

画像

60分使用でオフになるサイクルを2回半くり返せる充電池を内蔵しており、ワイヤレスで利用できます。

充電用ポートはUSB-C仕様になっていて、ケーブルつなぎっぱなしにして給電しながら使うのもOK。つまり、外部バッテリーを用意しておけば、さらなるロングライフも実現できるというわけですね。

背中に直射日光が当たっているなど、厳しい条件下では効果を感じにくい可能性がありますが、日傘を使ったりハンディファンを併用することで、かなりの冷却効果が期待できるはず。

この手のアイテムは、シーズン最高気温を更新するたびに売れ行きが大きく伸びるものなので、欲しい人は早めに入手しておきましょう。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

28度以下で自然に凍る「アイスリング」

Source: Amazon.co.jp, ドウシシャ

Ranking