※本記事は2021年12月17日の記事を再編集して掲載しています。
Text and Photographed by
門岡 明弥

家にいる時間が長くなったことで、飲むお酒の量も増えた気がします。

特に、ビールが好きです。その中でもクラフトビールは大好きで、今年夏頃に行われたAmazonプライムデーではよなよなエールを箱買いしたくらい。

そんな最近、スノーピークから「ビールをもっとおいしく楽しめるタンブラー」が発売されたと聞いて、早速購入しちゃいました。

スノーピークの新作タンブラー

snow peak 「サーモタンブラー470」 4,620円(税込)

こちらは、今年2月に発売されたスノーピークの「サーモタンブラー470」。

真空断熱構造による保温保冷機能を備えたタンブラーで、エールビールやラガービールと言ったビールの特徴に併せて設計されているのだとか。

開口部は広く、口に当てたときに鼻まで覆われるため、香りの変化をしっかり捉えることができます。

飲み口は0.8mmとずいぶん薄口。薄いグラスは割れちゃわないかいつも心配になるけど、これはガシガシ使えるから安心!

泡のことを考えると、350ml缶でピッタリ

今回は日中ということもあって微アルコールの1本をチョイス。夜は大体よなよなエールを飲んでいます、本当好きです。

このタンブラーは470mlという容量ですが、ビールを注いだときに泡が発生するため、ほとんど一杯になります。350ml缶でピッタリ。

普通のグラスだったら2回くらいに分けて注ぐことが多いですが、一気に注げるのは嬉しいポイント。

それでいて、冷たいまま最後まで楽しめるから、味が落ちてしまうことを心配する必要もありませんよ。

家飲みでも、アウトドアでも

普通のグラスと比べて香りを強く感じられることと、冷たさを最後までキープできること。加えて、飲み口が薄いため、口にしたときにタンブラーの存在感を感じづらい点は、使えば使うほど魅力的に感じています。

それと細かい部分ではありますが、底に滑り止めが付いているのも気が利いてますよね。倒れにくいことはもちろん、テーブルにタンブラーを置いたときに音が立たないのもお気に入りです。

ちょっと飲み物を持ち歩きたいときは、KINTOのタンブラーがおすすめだよ

おうちでスタバ気分を味わいながらドリンクを楽しむなんてどう?

Ranking