アイスコーヒー、おいしいですよね〜。日に、何杯も飲んでしまいます。
何気なく飲んでいるアイスコーヒーも、淹れ方ひとつで味も香りもまったく変わるそうです。

そこで、アイスコーヒーがもっと好きになる淹れ方を3つご紹介します。

スタバの担当者直伝。香りも味も最高の急冷式アイスコーヒー

「急冷式」とは、氷を入れたグラスに直接、ドリップコーヒーを注ぐ方法。香りや繊細な味わいを楽しみたい人は、急冷式のアイスコーヒーがおすすめです。

今回使用したドリップコーヒーは、5月に発売になった夏季限定コーヒー「スターバックス オリガミ®︎ アイスコーヒー ブレンド」

早速、淹れてみましょう。ポイントは2つだけ。

氷を入れた耐熱グラスにドリップコーヒーを乗せたら……
1、お湯を入れて20秒蒸らす
2、お湯をゆっくり少しずつ淹れる

お湯を注ぐと氷が「からんからん」と鳴るのがいいですよねぇ。初夏を感じます。
また、アイスコーヒーは濃い目に淹れるのもポイントだそうです。

詳しくはコチラ↓

美味しいアイスコーヒーの淹れ方、基本をスタバの担当者に教えてもらったよ。急冷式だと香りがまったく変わるんだ。

浸漬式は作り置きにぴったりだな!

一口にアイスコーヒーといっても、様々な作り方があります。

メジャーなのは、先で紹介した「キリッとした後味が特徴の急冷式」や「まろやかな味わいが特徴の浸漬式」「コクと香りが特徴の滴下式」でしょうか。

浸漬式は、お湯を注いで、置いて置くだけらしい……! と知ったので、早速、試します。

浸漬式とは、「水出し」や「コールドブリュー」とも呼ばれている冷たい水でゆっくりとコーヒーを抽出する方法の一つ。渋みや雑味の少ないマイルドな味わいが特徴です。

浸漬式におすすめのアイテムはこちら、ハリオの「フィルターインコーヒーボトル」

使い方はとっても簡単。まずは、フィルター内にコーヒー粉をセットします。
水出しの場合、コーヒー粉と水の割合を1:12にするとストレートで飲んだときにちょうど良い濃さになっておすすめです。

こちらのアイテムは一度に700mlまで抽出できるため、58gのコーヒー粉をセットしました。

あとは優しく水を注いで、冷蔵庫の中で約8時間置いておくだけ!

水の代わりに牛乳を使えば、コックリとしたミルクコールドブリューを作ることも可能
夜眠る前に仕込んでおけば、翌朝にはたっぷりのアイスコーヒーが出来上がっているのが嬉しいですね。

滴下式もコツがつかめれば簡単そうなので、チャレンジしてみようと思います。

詳しくはコチラ↓

作り方で味も香りも全然変わる!アイスコーヒーのおいしい作り方を3通り試してみたよ|マイ定番スタイル

夏っぽい「アイス・オレンジコーヒー」は気分もあがるな

スターバックスの担当者から「急冷式」アイスコーヒーをもっとおいしく飲む方法を教えてもらいました。

用意するのは、「スターバックス オリガミ®︎ アイスコーヒー ブレンド」で淹れた、「急冷式」アイスコーヒーとオレンジだけ

オレンジは厚さ5mm〜1cmぐらい(好みの厚さでOK)にスライスします。瓶の壁にはわせるように、オレンジを4枚入れましょう。

あとは、コーヒーを注ぐだけ。

仕上げにガムシロップを1つ分入れて、瓶を回したら完成

コーヒーを一口飲むと、鼻からオレンジのいい香りが抜けます。おいしすぎる!
見た目もかわいいので、夏の定番アイスコーヒーアレンジになりそうです。

詳しくはコチラ↓

スタバの人に、とびきり美味しい「アイス・オレンジコーヒー」の淹れ方を教えてもらったよ

   

   

キャンプコーヒーも格別! ハンドドリップアイテムにもこだわりたい。

   

カリタのフィルターを使ったら、エスプレッソが格段に美味しくなった

Ranking