上野動物園、神戸の王子動物園、南紀白浜のアドベンチャーワールド……。全国でパンダたちがいま大人気ですよね。あらゆるパンダグッズが販売されているなか、パンダのかわいいお菓子を発見!

型抜きをしながら食べるバウムクーヘンで、かわいいパンダが出てくるみたいなんです。その名も「パンダバウム」。早速、手に入れてみました。

手のひらサイズのパッケージはたまらないかわいさ

パンダバウム 各540円(税込)

このパンダバウムはカタヌキヤのもの。よくみるといろんな種類があります。

定番は、写真中央の白いパッケージのプレーン味。座るパンダの絵柄がプリントされていて、とってもかわいい子です。

このほか、親子のパンダがプリントされた「親子パンダバウム」や、子パンダが仲良く並ぶ「こどもパンダバウム」など、パンダの家族が描かれたバウムがいっぱいです。レインコートを着ているパンダや傘をさしているパンダなど、季節感ある限定パンダバウムもあるので、年中チェックが必要!

このパンダバウム、箱のサイズは約5.7cm×4.6cm×8.3cmの手のひらにのるミニサイズ。パッケージはかわいいし、お値段は税込540円のほぼワンコインおやつ。プチギフトで渡しても喜ばれそうです。

それでは、開封! 一見、四角いバウムクーヘンですが…


箱を開けたら、かわいいパンダが描かれたバウムクーヘンが登場しました。


約4cmの厚みで8層に重なったバウムクーヘン。一番上にはパンダが描かれています。よ〜く見ると、パンダの輪郭と足元に細く切れ目が入っています。

まわりを静かにはがしていくと…パンダが登場!


小さなナイフやフォークを使い、切れ目に沿ってそ〜っとはがすようにするとパンダが登場。静かに皮をはがして型を抜くのは楽しくて、小さなパンダの登場にワクワクしながらテンションが上がります。


はがした外側ももちろん食べられます。


けっこうきれいに抜けるので、不器用さんも安心です。


立ててもかわいい!


他のパンダバウムも同様にはがして食べられます。

押し出してもパンダを取り出せるよ

両手でパンダバウムを持ち、やさしく力を加えながらパンダを押し出す方法もあります。つぶさないようにソフトに押し出すのがポイント。

この押し出し式は、力が強めな人や手を汚したくない人には、あまりおすすめではない方法かも。フォークやナイフを使った方が、楽にきれいにパンダを取り出すことができました!

並べてみんなで食べるのもかわいいな


家族やお友だちと食べるときは、こうして並べてみるのもテンションが上がります。いろんな絵柄を並べて、楽しみながら食べてみてください。


バウムクーヘンに合うのはやっぱりコーヒー。小腹が減ったとき、パンダバウムと熱々のコーヒーのおやつタイムは至福です。

気になる白い部分のお味は…?

パンダバウムには、いろんな味が出ています。定番のプレーン味やミルク風味、キャラメル生地に海塩を効かせた塩キャラメル味など、生地に味がついているんです。

上の白い部分は、ほのかに甘みのあるしっとりとした素材。プリントされたパンダのかわいさを感じながら、生地と一緒に食べてみてください。

パンダをどこから食べようか……迷いながら食べるのもオツですよ。

この簡単に作れるホイップクリームとパンダバウムがあれば、雪遊びするパンダさんも作れちゃうな。

   

手土産なら、こういうのもおすすめだよ〜。

Ranking