8

最近のレトルトカレー、とってもおいしいです。自炊のカレーはもっぱら子ども用に甘口のカレー。辛いカレーが食べたくなると、大人はレトルトのお世話になっています。

そんな訳でここ数年、いろんなブランドのレトルトカレーを食べ比べしていますが、中でもお気に入りはSEIYU(西友)の PB(プライベートブランド)、「みなさまのお墨付きカレー」。価格はお手頃、種類も豊富でどれもびっくりするほど美味しい。

そこで、最近大人気のSEIYU PBカレー8種を食べ比べ。独断と偏見で何度もリピートしたい味NO.3を選定したいと思います。

まずは、SEIYU PBカレー全8種を紹介!

アジアの本格カレーが気軽に食べられる

SEIYU「みなさまのお墨付き カレー」 各162円(税込)

店頭に並んでいたのは、写真の8種。辛さレベルは辛い順に、「5辛」のカレーが3種、「3辛」が4種、「2辛」が1種でした。

まずは、5辛のカレーを紹介。「グリーンカレー」、「バターチキンカレー」、「麻辣(マーラー)ドライキーマカレー」です。

青唐辛子の爽快な辛み「グリーンカレー」(160g)

「グリーンカレー」には、たけのこ、揚げなす、鶏肉などの具入り。ココナッツでまろやかになっていますが、5辛の中で一番辛いと感じました。

完熟トマトとバターのコク「バターチキンカレー」(180g)

「バターチキンカレー」は、どこかで食べたことがあるような、馴染みやすい味わい。トマトベースのルーに、ごろっとしたチキンが入っています

しびれる辛さの「麻辣ドライキーマカレー」(160g)

「麻辣ドライキーマカレー」は、しびれる系の辛さが好きな方はぜひ。クワイが入っているので、食べたときにシャキシャキっとします。

万人ウケするのは、3辛以下からか!?

3辛のカレーは「スープカレー」「マッサマンカレー」「キーマカレー」「チャナマサラカレー」の4つ。

チキンと野菜の旨み「スープカレー」(180g)

本格的なスープカレーが162円で食べられるとは! 大きめの人参、じゃがいも、鶏肉が入っていて、満足のお味。

爽やかにカルダモン香る「キーマカレー」(130g)

キーマカレーは家でも作りますが、自分で作るのと全然違う! クミンとカルダモンの風味がきいています。ひき肉は牛と鶏を使っているそうです。

カシューナッツ香る「マッサマンカレー」(180g)

同じココナッツを使った「グリーンカレー」とは対照的に、こちらの味はマイルド。カシューナッツベースだからか、一番コクを感じました

ひよこ豆と野菜の「チャナマサラカレー」(180g)

「チャナマサラカレー」には、ひよこ豆が想像以上にたくさん。ごろごろと見える具は、ひよこ豆とビューレー漬けのトマト。原材料に動物性の素材がないので、ヴィーガンの方にもぴったり

まろやかなコクと旨み「クリーミーバターチキンカレー」(160g)


最後は2辛の「クリーミーバターチキンカレー」。生クリームとバター、カシューナッツペーストを使っていて、濃厚でやさしい味。大きな鶏肉の具もうれしい! ちなみに、甘口専門の小学生もOKの辛さでした。
   

何度もリピートしたい3つの味は……コレ!

正直、すベておいしくて全種リピートすると思うのですが、あえて3つをおすすめするなら……。

NO.1 「マッサマンカレー」

実は、マッサマンカレーにハマったきっかけが、SEIYUのこの商品でした。他ブランドのマッサマンカレーも食べてみましたが、162円でこのお味は素晴らしいの一言。さらっとしたルーは胃もたれ知らずで、すでに何度もリピート中。

NO.2 「バターチキンカレー」

辛さとコクのバランスがちょうどよく、「ちゃんと辛いカレーが食べたい」時に購入したい一品。自分で作れそうで作れない、絶妙な味がクセになりそう。

NO.3 「麻辣ドライキーマカレー」

“他にない味”なので、また食べたいと思いました。ビリっとしびれる辛さは、暑さが増すこれからの季節にぴったりかも。それから大のクワイ好きなので、シャキシャキ食感にノックアウトでした。

具を足せば、お店に引けを取らない完璧カレーに

レトルトカレーに辛さを求めて食べているので5辛商品に惹かれましたが、甲乙付け難いおいしさでした。ちなみに、スープカレーは鶏肉や揚げナス・ピーマン、ゆで卵などを足して食べています

カレーのあとってアイスコーヒーが飲みたくなりますよね〜

急冷式で入れたアイスコーヒー、香りも味も最高です!

食後のデザートはコレがおすすめ

チーズデザートも食べ比べして、お気に入りを見つけよう

Ranking