2

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。


Text and Photographed by にしやまあやか

閉じた傘についた水滴って、けっこう厄介じゃないですか?

車のシートや服に触れて、濡らしてしまうこともしばしば。お店に入る際につける傘袋もわずらわしいですし、使い捨てるのがもったいないと感じてしまいます。

そんな“傘の水滴”問題を解決してくれるアイテムを見つけましたよ。

タケノコみたいな傘カバー

TOENCOUNTERの「takenoko AOTK-001」はその名の通り、タケノコみたいな形の傘カバーです。この状態では高さ10cmくらいと、とってもコンパクト。傘カバーには見えません。

でも、縮んだタケノコをひっぱると……。まるでタケノコが成長していくようにぐんぐん伸びます。

白い先端に向けて、ひとまわりずつ小さくなっていくプラスチックの輪が組み合わさった構造で、伸ばしたり縮めたりできるようになっているんですね。

65cmの傘に使ってみた

車移動の多い筆者。雨の日はこのように助手席にポンと立てかけることが多いです。

このせいでシートは濡れるし、マットもベチャベチャに。でも、さっと車に乗らないと自分が濡れてしまうから、仕方ないんです。

こういうときに、「takenoko AOTK-001」が便利でした。

先端から傘を差し込んで……。

タケノコを縦にグングン伸ばします。

上の方が少し余っていますが、傘が包まれました。

takenoko AOTK-001」が使えるのは、親骨の長さが50〜65cmまでの傘。長さだけでなく、各所の太さも規定があるみたいです。

筆者の傘は長さ65cm。長さがOKならいけるだろうと思いきや、先端部分がちょっと太い様子。上の方が少しはみ出てしまいました。購入前にお持ちの傘で使用可能か、しっかりサイズ確認した方が良さそうです。


とはいえ、一番水滴が溜まるのは下の方のはず。マットの水濡れは防げそうです!

持ち歩きのハードルは高い……?

takenoko AOTK-001」があれば、車内が濡れることがなくなり、入店時の傘カバーも要らなくなりそうです。これはかなりのストレス軽減! あとは、忘れず持ち運びができるかどうか……。毎日のように傘を持ち運ぶ梅雨のうちに習慣化してしまいましょう。

防水ケースがついているので、カバンの中に入れて持ち運んでも大丈夫そう。筆者が使ってみた限りでは、カバンの中で染み出すことはありませんでした。タケノコの内部に溜まった雨水をしっかり捨てるのをお忘れなく。

憂鬱な梅雨の期間も、自分にも地球にも優しい傘カバーを使えば、少し明るい気分で過ごせるかもしれませんね。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

より一層気分が上がりそう。傘立てにぴったりな「ちょい置き収納」がおしゃれ。

梅雨対策は傘だけじゃない。雨暮らしを快適にするアイテムの準備もお忘れなく。

Ranking