3

天気のいい日に、広めの公園でゆっくりするのってとっても気持ちがよいですよね。

周りを見渡すといろいろな遊びをしている人がいますが、私の最近のオススメはバドミントン

汗をかくくらい熱中してしまいがちですが、最大のネックは“間にネットがないために陥るグダグダな状況”……。

全てが揃ってる

DOD 「ソトバドセット」 5,382円(税込)

そんなときにオススメなのが、DODの「ソトバドセット」というバドミントンセットなんです。

アウトドアメーカーの作るバドミントンセットって、聞いただけでワクワクしちゃいますよね。

持ち運び用のケースを開けると、そこにはラケットやシャトルはもちろん、ネットやコート作成用のマーカーまで入っているんです!

アウトドアで遊ぶためのバドミントンのセットに、コート用のマーカーまで入れるとは……、さすがDOD!

実際にセットしてみると

セットの仕方も簡単で、まずはケースの隅にある穴にネット用のポールを差し込みます。

伸縮する構造になっているのですが、きちんとストッパーも付いているので、勝手に短くなってしまうことはありません。

伸ばしたポールの先に、ネットを取り付けます。DODのロゴが入っていて可愛いですね〜。

最後にコートの四隅に白いマーカーを置いてあげればコートは完成!

とても簡単にバドミントン用のコートが完成します。

ちなみに、台座にペットボトルなどの飲み物を置くための窪みがあるため、ネットを倒れにくくすることもできます。

そもそも風が強い日にバドミントンをやることは難しいかもしれませんが、多少の風なら大丈夫そうです。

残念なところ:コートのサイズは感覚で

四隅にマーカーを置くことでコートのサイズを決められますが、長さの目安となるようなものは入っていないため、感覚でサイズを決めることになります。

ネットのサイズ自体は、高さは公式とほぼ同じ(1.55m)に。しかし、横幅は公式よりも短めとなっているため、あくまで遊びのためのコートになります。

ほとんどの方は気にならないと思いますが、本格的にバドミントンを楽しみたい方にはちょっと気になるポイントかもしれません。

シャトルは2種類

黒と白の2種類のシャトルが付いています。

白い方にはちょっと面白い仕組みが付いており、スイッチを入れるとレインボーに光るようになっているんです。

電池は交換することができませんが、連続点灯時間は最長約24時間

ちょっと暗くなってきた夕方に使うと、シャトルが見やすくなるのでありがたい!

楽しい気分でギリギリまで遊べますよ〜。

バドミントンをするなら、用意しておきたいのは動きやすい服装! スポーティすぎないメリノウール100%Tシャツがオススメですよ。

外で遊びたいけど雨が降ってて遊べない方は、こんなボードゲームはいかが?

Ranking