5

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。


Text and Photographed by Hirokazu Tanaka

ビジカジが浸透してきたこともあり、ノーアイロンシャツを愛用している人も増えてきましたね。

しかし残念ながら、ノーアイロンシャツと言えども、完全にシワが付かないというわけではありません。

画像

手軽に使える衣類スチーマーは、そんな気になるシワができたノーアイロンシャツはもちろん、一般的なシャツやスーツにも使えるシワ伸ばしアイテム。

特性上、アイロンをかけるほどパリッとはなりませんが、ラフな着こなしなら問題ないレベルに仕上がります。

今回、コスパの高さに惹かれて、TWINBIRD(ツインバード)「ハンディーイオンスチーマー SA-4085W」を入手してみました。

ちゃんと使えるものかどうかテストしてみましたので、良かったらぜひチェックしてみてください。

ハンガーに吊るしたままでOK

画像

アイロン台を使わず、ハンガーに吊ったままの状態で使える「ハンディーイオンスチーマー SA-4085W」は、手軽さが最大のメリットですね。

噴き出す蒸気で生地に熱と湿気を与え、柔らかくなった生地をコテ部分で伸ばしていくというイメージです。

シャツを干す時に、あらかじめ襟や袖の形を軽く整えておけば、作業時間をグッと短縮することが可能になりますよ。

画像

上の画像でビフォーアフターを撮影するために使ったのは、ノーアイロンタイプではなく一般的な綿100%のシャツ。

かなりシワが付いていたものが、違和感のないレベルになっているのがお分かりでしょう。

画像

コテ部分はドーナツ状にフラットな形をしています。

取りにくいシワが気になる場合は、反対側にアイロン台代わりのクッションなどを押し当て、アイロン的に使うことも可能です。

ただし、やけどの可能性があるので、くれぐれもムリな使い方は避けてください。

干すときに、できるだけシルエットを崩さないようにさえ気をつけておけば、ほぼほぼ普通の使い方で大丈夫です。

高価なものと比べれば、蒸気の噴出量などに物足りなさを感じるものの、1日に1~2着分だけ作業できればOKというレベルなら、ほぼ問題になることはないと思いますね。

他にもいろいろ。2022年版衣類スチーマー11選

エアコンの風で衣類を乾かせる室内用物干し竿

Ranking