3

あたたかくて、軽くて、コンパクトに収納できるダウンシェラフは、アウトドアシーンでお馴染みのアイテム。

筆者もキャンプシーンに応じて愛用しているのですが、先日出合ったダウンシェラフが凄かった!

高機能で、ダウンシェラフが抱える“ストレスあるある”を解決するスグレモノだったので紹介します。

封筒型のダウンシェラフ。数々の魅力アリ…

S’more「OKURUMI BAG」14,990円(税込)

それは、S’more(スモア)の「OKURUMI BAG」

快適使用温度は5〜15℃

ダウン90%フェザー10%使用の、封筒型のダウンシュラフです。

ふわふわな手触りが気持ち良く、包まれた際の暖かさも◎。

さらにキャンプシーンでも、嬉しい機能がたくさんあって最高だったんです。

さらに小さく!

「OKURUMI BAG」

一般的なダウンシュラフを小さくする場合は、コンプレッションバッグという専用の圧縮袋が必要。

しかし、この「OKURUMI BAG」の場合は、なんと元々の収納袋にコンプレッション機能が備えられています!

収納袋に入れて3箇所の調節ベルトを締めれば、より小さくすることが可能。

コンプレッションバッグを購入しなくても、小さくできるのはありがたい~。

結露ストレスにさよなら

「OKURUMI BAG」

水に弱いダウンシュラフ。

キャンプで朝起きたら、結露で濡れてしまっていた……なんて経験のある人もいるはず。

「OKURUMI BAG」は表のナイロン生地に撥水加工が施されていて、水を弾いてくれるのがポイント。

水の侵入を防いでくれるということで、以前よりも安心して眠れるようになりました。

丸洗いOK!長期保管用のメッシュ袋付

「OKURUMI BAG」

ダウンシュラフの敵と言えば、湿気と汚れ

「OKURUMI BAG」は、長期保管中の湿気問題に寄り添うメッシュ袋付きなのも魅力です。

「OKURUMI BAG」

さらに自宅での洗濯NGなダウンシュラフが多い中、「OKURUMI BAG」は洗濯ネットに入れて専用の羽毛用洗剤を使えば、なんと自宅での丸洗いもOK!

汚れても自宅で洗える安心感は大きい~。

幅広いシーンで活躍する「OKURUMI BAG」、コレはこれから大活躍する予感!

Ranking