20

あのワークマンがキャンプギアに本格参入したとのこと。

それはもうチェックしないわけにはいかない! ということで、今回はROOMIEライターが買ってよかったワークマンの新作アウトドアアイテムを、まとめて3つご紹介します。

ソロキャンにぴったりの「小型クーラー」

ワークマン「真空ハイブリッドコンテナ」2,500円(税込)

ワークマンから新しく登場した「真空ハイブリッドコンテナ」は、真空断熱構造を採用したコンパクトクーラー。

特長はこの、約4.6Lの円柱形。

500mlサイズのペットボトルを約4本、350mlの缶なら約8本収納することができます。日帰りのお出かけや1〜2泊のソロキャンプに持っていく飲食物を入れるには事足りる大きさ。

作りもかなりしっかりしているので、アウトドアで使うのにも十分な印象です。

コンビニで購入したペットボトル飲料で試してみたところ、約8時間後に取り出して飲んでみても冷たいと感じる温度をしっかり維持していました

小型の保冷剤や氷を一緒に入れると保冷力はよりUP!

保冷剤の大きさや開封する頻度にもよりますが、2日ぐらいなら余裕で使える印象です。

これが、2,500円で買えてしまうとは……

詳しくはこちら↓

1台3役の「新作LEDランタン」

ワークマン ヴァリアブル ランタンライト 乾電池式

ワークマン「ヴァリアブル ランタンライト 乾電池式」980円(税込)

ヴァリアブル ランタンライト 乾電池式」は、1台で3役をこなすLEDランタン。

ワークマン ヴァリアブル ランタンライト 乾電池式

まず1つ目は、目に優しい暖色のランタンモード

High(約100ルーメン)Low(約50ルーメン)の2つの明るさを選択でき、タープやテントの中で使用するのにピッタリです。

ワークマン ヴァリアブル ランタンライト 乾電池式

2つ目は、手持ちで使える懐中電灯モード

ワークマン ヴァリアブル ランタンライト 乾電池式

約160ルーメンの白色ライトは、トイレに行くときなどに重宝すること間違いなし。真っ暗な夜道をこんなに明るく照らすことができますよ。

ワークマン ヴァリアブル ランタンライト 乾電池式

そして最後の3つ目は、スタンドライトモード

パカッと真ん中から上下に開くことで卓上ライトに早変わり!

ワークマン ヴァリアブル ランタンライト 乾電池式

こちらも、2段階の明るさ調節が可能。自由に首を動かすことができ、一方向だけをしっかり照らすことができるので、卓上ライトや読書灯に最適です。

詳しくはこちら↓

とにかく丈夫な敷物があると助かる…

ワークマン パラフィン帆布フィールドシート

ワークマン「パラフィン帆布フィールドシート」1,500円(税込)

ワークマンの「パラフィン帆布フィールドシート」は、帆布にロウソクなどの原料に使われる“パラフィン”を染み込ませたレジャーシート。

帆布とは、キャンバスとも呼ばれる平織りで織られた厚手の布のことで、古くから船の帆に使われてきた丈夫な素材です。

ワークマン パラフィン帆布フィールドシート

砂利や尖った石などがあるフィールドでも安心して敷くことができ、大事なギアや荷物を傷や汚れからしっかり守ってくれます。

ワークマン パラフィン帆布フィールドシート

サイズは縦100cm×横140cmハリのあるパリッとした質感で、テーブルや椅子といったピンポイントで圧力のかかるものを乗せても問題なし!

角4箇所にはハトメ付きで、ペグを打つことでしっかり固定することも可能。

ワークマン パラフィン帆布フィールドシート

カラーはオリーブとベージュの2色展開で、どちらもいい色。

これから暖かくなる季節、キャンプやピクニック用に準備しておくと活躍してくれますよ!

詳しくはこちら↓

全身金属の「ブタさん蚊遣り」があれば夏の天敵をほっこり撃退できそう…。

アウトドアシーンでスマホのバッテリー消費を防いでくれそうな救世主を発見。

Ranking