2

ようやく肌寒い日がなくなり、ニットやトレーナーをそろそろしまえるかなと思うようになった今日この頃。

衣装ケースがいよいよ悲鳴を上げているので、自宅で簡単に使える圧縮袋を探していたんです。

ダイソーの圧縮袋があなどれない!

ダイソー 衣装ケース用圧縮袋 110円(税込)

ふらっと立ち寄ったダイソーで見つけたのが「衣装ケース用圧縮袋」

Mサイズ・Lサイズのほか、「まとめて圧縮袋」という200円商品もありました。

これもまた便利そうでしたが、今回が初めてということもあり、MとLをひとつずつ購入。

フリースやセーター、トレーナー等のかさばる衣類を、まとめて圧縮できるアイテムです。

Mサイズは4~5枚、Lサイズは5~6枚を一度に圧縮することができます。

1分足らずでぺちゃんこになる

まずはやってみましょう!

フリースのパジャマ2セットを、Mサイズで圧縮してみます。

フリースって衣装ケースでもかなり幅を取るんですよね……。

Mサイズの袋、広げてみるとこんな感じ。

約45cm×70cmということで、Mサイズでも大きいなーという印象でした。

圧縮に使うのは家庭用掃除機(吸引前に掃除機内のゴミ除去をお忘れなく)。

Mサイズの袋にパジャマを入れたら、スライダーで封をしていきます。

掃除機のノズルぶんだけ開けておけばOK。

後は掃除機のスイッチをONにして、1分ほど中の空気を吸うだけ!

1人でもカンタンに作業できました。

圧縮後のフリースがこちら。

入れる前に比べて、しっかりとぺちゃんこになっているのがわかりますでしょうか?

Mサイズにフリース4枚、Lサイズにニットやスウェット8枚(!)を入れて、圧縮してみると……。

パンパンだった衣装ケースに、見ての通り「空きスペース」ができました!

追加で圧縮袋2つぶんは入りそう。

収納スペースを無駄なく使うことができて嬉しい限りです。

圧縮に掃除機を使うので、ハウスダスト等が気になる方は要注意です。

掃除機さえあればなんでも圧縮できる

ダイソーで見つけた圧縮袋、ちゃっかりその後まとめ買いしちゃいました。

ふとん圧縮袋やこたつ布団圧縮袋など、種類豊富なのもありがたい!

シーズンオフになった衣類や布団、全部まとめて圧縮して、クローゼットをフル活用しようと思います。

衣類の収納にお困りの方はぜひ試してみてください。

ダイソーにいくならついでにこれも買っておこうかな〜

衣替えならこっちもおすすめ!

Ranking