45

こちらは、ルーミーが所属する(株)メディアジーンのコマースチームが編集・執筆した別企画の記事です。
すっかり暖かくなり、雑草との戦いはもう始まっています。

芝生の中など、除草剤が使えない場所に生えた雑草は手で抜くしかありませんが、腰をかがめた作業は、腰痛の元なんですよね…。

立ったままで雑草を抜ける、ミキロコスの「腰らく草抜きボーイ」は、そんな腰痛とサヨナラできるという、夢のような草抜きツール。

雑草だらけになって手に負えなくなってしまう前に、入手しておきましょう。

立ったままで使えるロングタイプ


雑草を抜き取るための3本の爪は、先が尖っていてかなりの太さ。保管時には、怪我をしないように付属のカバーをセットしておきましょう。

芝生の中や植栽の根元など、土壌が柔らかい部分で使うには十分すぎる強度になっています。

使い方は、実にカンタン。

抜き取りたい雑草の上から突き刺し、グルっと回転させることで、周囲の土ごと根を抜き取ってしまいます。

芝生に出来た穴は、目土を入れて埋めておきましょう。

抜いた雑草はワンタッチでポイ


腰らく草抜きボーイ」の楽ちんポイントは、もうひとつ。

取っ手に付けられているバネシリンダーを押し込めば、抜き取った雑草をサッと捨てられます。

ここまでの一連の動作は、すべて立ったままで完結できますよ。

地中深くに地下茎を伸ばすタイプの雑草だと、完全に根を抜き取るのは難しいものの、とりあえず表面上だけ刈り取ったものに比べれば、除草効果が長続きしてくれるはず。

草刈り機と合わせて1本持っておいても、損はないと思いますよ。

Source: Amazon.co.jp

あわせて読みたい:


Ranking