12

Photographed by Kaoru Mochida

アウトドア向けの大容量ポータブル電源を取り扱うJackery(ジャクリ)が、5月13日に新製品を発表しました。

その発表イベントにお呼ばれした編集部を待っていたのが、Jackery史上最大容量のモデルとなる「Jackeryポータブル電源2000 Pro」とソーラーパネルの「Jackery SolarSaga 200」がセットになった「Jackery Solar Generator 2000 Pro

アウトドアだけでなく防災グッズとしての適性もありすぎる新製品の実力は、まさに超弩級でしたよ!

Jackery史上最強スペック

ポータブル電源本体である「Jackeryポータブル電源2000 Pro」は、2,160Whの超大容量と2,200Wの定格出力を誇るモンスターマシーン

昨年発売された「Jackery ポータブル電源 1500(容量;1534.68Wh/定格出力:1800W)」を大きく上回る基本スペックのほかに、AC急速充電による約2時間程度での満充電を可能にする点や、バッテリー本体の過熱を防ぐためのセンサーの増設など、使いやすさや安全面の進化もバッチリ。

会場では、これ1台で冷蔵庫やIHなど複数の調理家電を問題なく稼働させていましたよ。

出力端子に関しても、AC100Vコンセントを3口、USB Type-Aポートを2口、USB Type-Cポートを2口、シガーソケット(12V/10A)を1口と豊富に取り揃えられており、家族みんなで使っても喧嘩になることはなさそうです。

また、本体にLEDライトも内蔵されており、点灯/点滅のほかに、SOSをあらわすモールス信号のパターンも用意。以前から防災グッズとして役立つことは知られていましたが、その適性に磨きがかかりましたね。

成人男性でも気合が必要。

ただ、機能がこれでもかとパワーアップした分、重量が19.5kgにもなっているため、持ち運びするさいにはすこし工夫が必要になりそうです。

サステナブルな社会の実現する鍵は、ソーラーパネルにあり

セットとして用意されたソーラーパネル「SolarSaga 200」は、2枚で400W、SolarSaga 200×4枚で800W、SolarSaga 200×6枚で1,200Wの太陽光発電が可能に。

6枚を接続すれば、最速2.5時間で本体の充電が完了するため、室内の電源に依存しない使い方も実現するかもしれません。

写真提供:ジャクリジャパン

これまではオプション的な存在だったソーラーパネルですが、サステナブルな社会の実現を目指すJackeryは、ソーラーパネルとポータブル電源のセット販売により一層注力していくのだそう。

ちなみに、気になるセット価格は下記のとおり。

「Jackery ポータブル電源2000 Pro」+「Jackery SolarSaga 200×6枚」セット:768,000円(税込)
「Jackery ポータブル電源2000 Pro」+「Jackery SolarSaga 200×4枚」セット:619,000円(税込)
「Jackery ポータブル電源2000 Pro」+Jackery SolarSaga 200×2枚」セット:446,000円(税込)
「Jackery ポータブル電源2000 Pro」単体:285,000円(税込)

ソーラーパネル6枚のセットは置き場所や価格も悩むことの多くなりそうですが、2枚セットならマンションのベランダにも設置しやすいと思いますよ。

写真提供:ジャクリジャパン

あれば便利で、いざという時の安心にもつながる「Jackery Solar Generator 2000 Pro」。しばらくこれを超えてくるモデルは出てこない気もするので、気になる方はぜひチェックを!

いざという時の備えなら、ミニLEDライトも必要かも。この小ささで最大800ルーメンの頼れるやつ!

車内のモノが多くて気になる人はコレを貼ればスッキリしてくれる!

Ranking