焼酎の中でも、バラエティ豊かな芋焼酎。パック酒から高級品まで種類も価格帯も幅広すぎて、どれを飲めばいいかわからなくなってしまいます。

また、お湯割りやソーダ割りなど、飲み方によって選ぶ焼酎を変えるべきなのかも気になるところです。

そこで今回は、焼酎専門店「焼酎ダイニングだけん」の店主・井上亮さんに、タイプ別・飲み方別におすすめの芋焼酎を教えてもらいました。

井上 亮さんのイメージ

井上 亮さん
焼酎を250種類取り扱う「焼酎ダイニングだけん」の店主。焼酎利酒師、泡盛マイスター。月一回、蔵元を呼んで地元の食材とのペアリングイベントを行うほか、年に3〜4回は各地の蔵を訪れるなど、造り手との交流を大切にしている。

芋焼酎以外も気になる人は、こちらの記事をチェック!


【トレンド】芋くさいは古い!? 果実のようなフルーティな焼酎が人気!

独特のクセがあり、お酒に強い人や、通が飲むイメージが強かった芋焼酎。ところが、井上さんによると、最近はお酒をそこまで飲まない人でも飲みやすいような味わいが増えているのだそう。

「芋焼酎は、昔は『芋くさい』ものが定番でしたが、いまはフルーティで華やかなものまでバリエーションが多くなっています。好みに合う芋焼酎が必ず見つかるはずですよ!」

例えば、近年のトレンドは果実のようにフルーティな芋焼酎。鹿児島県・国分酒造「フラミンゴオレンジ」は、芋焼酎なのに柑橘系のフルーツのような香りがするのだとか。

芋焼酎の選び方。味を決める5つのポイント

芋の色(紅芋・紫芋など)

「まず注目したいのは、芋の色です。ここ数年で、芋の品種による味の違いを引き出した焼酎が増えてきました。昔は焼酎といえば、皮も実も白っぽい『黄金千貫(こがねせんがん)』という品種がメジャーだったんですが、最近は紅芋や紫芋、オレンジ系の芋で造るところも増えています」

▼白芋系
Image: Shutterstock

見た目 皮も実も白っぽい
品種の例 ・ジョイホワイト
・白豊
味の特徴 オーソドックスな芋焼酎

▼紅芋系
Image: Shutterstock

見た目 皮が赤くて実が白い、一般的な「さつまいも」
品種の例 ・紅はるか
・紅こがね
味の特徴 甘味があってふくよか

▼紫芋系
Image: Shutterstock

見た目 実も紫
品種の例 ・あやむらさき
・​ムラサキマサリ
味の特徴 ヨーグルト風

▼オレンジ芋系
Image: Shutterstock

見た目 実がオレンジ色
品種の例 ・浜小町
・玉茜
味の特徴 紅茶っぽさがある

白芋は、でんぷん質が多いぶん、酒量を多く造れる点が特徴です。味わいはオーソドックスな、芋焼酎らしいものが多いですね。紅芋は、食べてもおいしいくらいなので、甘味があってふっくらとした味わいになります。

紫芋は乳酸の香りがあって、ヨーグルトのような独特のフレーバーや赤ワインのようなニュアンスがあります。オレンジ系の芋は、紅茶っぽい味わいが特徴です」

酵母


▲国分酒造のフラミンゴオレンジ

ビールやワイン、日本酒と同様、焼酎にも、さまざまな種類の酵母が使われています。「酵母は、焼酎の香りを決める要素。例えば、最近流行している『フラミンゴオレンジ』のようなフルーティな香りは、香り系の酵母を使うことで引き出しています」

一方、焼酎の味わいを決めるのは麹だと井上さんは解説します。

「黒麹を使うとどっしり系、白麹はマイルド、黄麹はフルーティな味わいに仕上がるんですよ」

同じ銘柄でも、「白」と「黒」の2種類の商品がある場合がありますが、麹の違いだったんですね。

蒸留方法

常圧蒸留:原料の持つ味わいがしっかり感じられる
減圧蒸留:クリアでスッキリした味わい

減圧蒸留は、気圧を下げて蒸留する方法。低温で蒸留されるため、アルコール以外の要素が抽出されにくく、クリアでスッキリした味わいになります。

常圧蒸留は、そのままの気圧で蒸留する方法。高温で蒸留するため、原料の持つ味わいがしっかりと引き出されます。

生産地の水質によっても味わいの特徴は変化。軟水で仕込むと口あたりやわらかく、甘味が引き立ちます硬水で仕込むと輪郭がはっきりとした味わいの焼酎ができる傾向があります。

プロが選ぶ! タイプ別おすすめ芋焼酎15選

ここからは、井上さんおすすめの芋焼酎をランキング形式でご紹介。さらに、焼酎ビギナーである編集部がテイスティングをおこない、各商品にコメントしました。

【初心者】飲みやすいおすすめBEST3

1位 小正醸造/蔵の師魂 The Green

マスカットのような香りで、ワイン好きにおすすめ

ワイン酵母を使うことで、マスカットのような香りと甘酸っぱい酸味を醸し出した焼酎。『ワインは好きだけど、焼酎は苦手』という人にはぜひ試してほしいアイテムです。ソーダ割りにすると、さらに軽やかで飲みやすくなります

▼編集部の試飲コメント
ストレートで飲むとわかりにくいですが、ソーダ割りにするとマスカットのような香りが。加水して薄まることでより甘酸っぱさが感じられて、ぐいぐい飲めます!

2位 西酒造/富乃宝山

きれいで飲みやすいスッキリ味
Image: 楽天

フルーティで、芋焼酎特有のクセをほとんど感じられない商品。日本酒に使われる黄麹を使い、減圧蒸留を行うことで、飲みやすく仕上げています。
冷やして飲むのがおすすめなので、ロックや水割り、ソーダ割りで試してみてください

3位 尾鈴山蒸留所/山ねこ

ほんのりフルーティ! 芋焼酎が好きになったら飲んでほしい
Image: 楽天

ほんのり柑橘が感じられる芋焼酎。ジョイホワイトという、焼酎用の芋を使っていて、今回初心者向けで紹介した3品の中ではいちばんオーソドックスな芋焼酎らしい香りがある商品です。少し慣れてきたころにおすすめのアイテムで、水割りかお湯割りで楽しんでほしいですね

【マニア】通におすすめBEST3

1位 白石酒造/天狗櫻

マニア向きのインパクト!お湯割りで旨味を堪能して

マニア向けということで、あえて芋くささのあるものを選びました。
白石酒造は、小さな蔵なんですが、芋から自分たちで生産しているんですよ。商品によって芋の大きさを統一することで、味わいの出し方にこだわっています。
お湯割りにして温めて飲むと、芋らしい香りがしっかり感じられます

▼編集部の試飲コメント
ストレートだと「芋の主張が強い(マニアにしか飲めない!?)と面食らいますが、お湯で割ると「めちゃくちゃ旨味がある!」とびっくり。薄めてもしっかり旨味がありおいしい。

2位 尾込商店/さつま寿

クセはあるけど後味スッキリ。通も納得の味

焼酎業界でもマニアックな人たちに愛される芋焼酎。昔ながらの、どっしりとした複雑味が感じられます。
かつて、芋焼酎ブームの時代に、多くの蔵が皮やへたを処理してきれい系の味わいを目指す中で、『やっぱりこれはうちの焼酎じゃない』と、あえて皮やへたを入れるようになった、クセを大切にする酒蔵です

▼編集部の試飲コメント
前出の「天狗櫻」と同様に芋焼酎らしい主張がありますが、さつま寿のほうがより荒々しいです。 口に入れてすぐはドライですが、すっきりと後味がよく、最後はやさしい甘みが口に残ります。

3位 川越酒造場/金の露

知る人ぞ知る地元の味
Image: 楽天

地元の人だけが知る、川越酒造場のレギュラー酒。居酒屋さんでこれを見つけると、『ここの店主は焼酎好きなんだな』とわかります。
独特の芋くささがある商品で、ソーダ割り以外ならなんでもおいしく飲めます

【パック酒】安い芋焼酎おすすめBEST3

1位 本坊酒造/あらわざ桜島

デイリー使いにおすすめのスッキリ系
Image: 楽天

キリッとしたタイプの辛口芋焼酎。白麹を使って、特許をとっている『磨き蒸留』という技法を用いることで、スッキリ飲みやすくしています。すいすい飲めてしまうので、デイリー使いしやすいパック酒です

2位 大口酒造/黒伊佐錦

プロも認めるどっしり系パック酒
Image: 楽天

黒麹を使っているとあって、しっかりとした味わいの焼酎ですが、パック酒なので、そこまでクセはありません。『あらわざ桜島』と『黒伊佐錦』は、プロでも『これなら買ってもいい!』と思えるクオリティのパック酒ですね

3位 さつま無双 紫

紫芋デビューに!
Image: 楽天

紫芋は、独特のヨーグルトのような風味があるんです。紫芋焼酎を飲んだことがない人は、まずはリーズナブルなこのパック酒からぜひ試していただきたいですね。これでハマったら、ほかの紫芋焼酎も試してみてください

【高級】特別な日におすすめBEST3

1位 万膳酒造/萬膳 流鶯(るおう)

木のぬくもりを感じながらちびちびと

万膳酒造が年に一度、春だけ製造する限定品。度数は35度と少し高めで、食後にロックでちびちび楽しめるような濃い味の商品です。萬膳酒造は木樽蒸留器を使っているので、芋の香りの奥にほんのり感じられる木のぬくもりを楽しんでください

▼編集部の試飲コメント
バニラのような甘みのある香りが感じられます。ロックで、ナッツと一緒にちびちび飲むのがぴったり。お湯で割ってチョコと合わせてもおいしかったです。

2位 高良酒造/古八幡(いにしえはちまん)

3年に1度だけの超レア焼酎
Image: 楽天

数年に一度しか発売されない超レア商品。『八幡』は20年前の焼酎ブームのときに人気だった銘柄で、専門店でもほとんど買えないようなレベルだったんです。
6年以上の熟成をを重ねることで、ふくよかな旨味が引き出されています

3位 中村酒造場/なかむら 穣(じょう)

やさしくまろやか。豊かな甘味に包まれる

有名銘柄の『なかむら』の原酒。単純に、僕が好きだからという理由で選びました(笑)。
麹をしっかり手作りすることにこだわっていて、旨味がきちんと乗った、割っても薄くならない焼酎に仕上げられています。原酒ということで、さらにガッツリした旨味が味わえます!

▼編集部の試飲コメント
一口含んだ瞬間に、豊かな甘みに圧倒されます。やさしくてまろやかで、初心者にもわかるおいしさ。知ることができてよかったと思えます。

【プレゼント】ギフトにおすすめBEST3

1位 国分酒造/フラミンゴオレンジ

フルーティ焼酎のパイオニア

最近ブームになっている、柑橘系のフルーティな香りがする焼酎です。
焼酎に対して一般の人が持っているイメージを覆すような味わいなので、芋焼酎が苦手な人にこそプレゼントしたい。話題の人気アイテムですし、もらえたらうれしいでしょうね!

▼編集部の試飲コメント
飲む前に匂いをかぐと、オレンジピールやベルギービールのような香りが。飲むと、洋酒のようなジンのようなニュアンスも感じました。

2位 佐藤酒造/佐藤 黒

もらえたら絶対にうれしい鉄板ブランド

『佐藤』は言わずと知れた王道銘柄。オーソドックスな芋焼酎らしい味わいで、インパクトのある旨味が特徴です。
焼酎が好きだという人にプレゼントしたら間違いないと思います。白麹もありますが、黒麹のほうがより『佐藤』らしさが出ています

▼編集部の試飲コメント
「うまい!」と声が出ます。主張が強すぎず口当たりもバランスもいいので、何度もグラスに手がのびます。有名ゆえ「いつか飲む機会があるはず」と未体験でしたが、納得の味わい。

3位 松露酒造/松露 genshu. 玉茜

紅茶のニュアンスがある華やか焼酎
Image: 楽天

華やかで、ダージリンティーのような香りのある芋焼酎です。これは、、『玉茜(たまあかね)』というオレンジ系の芋で作っているから。原酒なのでいろいろな割り方で楽しめます。ラベルもおしゃれなので、ギフトとしてはぴったりです!

プロが選ぶ! 飲み方別おすすめ芋焼酎15選

【お湯割り】のおすすめBEST3

1位 農業法人八千代伝酒造/つるし八千代伝

独自製法で濃い甘味を引き出す
Image: Amazon.co.jp

ねっとりとした甘味と、ほどよいビター感のある焼酎で、お湯割りで飲むとふっくらとふくらみます。自社栽培した『紅はるか』を吊るすことで、糖度を上げて、蜜のような甘味を引き出してから焼酎にしているんですよ

2位 松露酒造/松露うすにごり

オイリーな旨味を溶かしていただく

松露うすにごり

「製造の過程であまり濾過をかけないことで、油分を残し、旨味を強く感じられるのが『うすにごり』。冷たいと脂が溶けないので、お湯割りにして溶かしてあげることでさらにおいしくなります。米麹の甘さと、芋の複雑な風味も感じられる一本です」

▼編集部の試飲コメント
お湯割りにすると、やさしい甘さと旨味。オイリーさも認識できますが、油分のおいしさをポジティブに感じられるおいしさです。

3位 村尾酒造/薩摩茶屋

薄めても旨味そのまま。プロが感激する、完成度の高い味わい

「お湯割りにしても薄くならない、しっかりタイプの芋焼酎。最近飲んでおいしいと思ったので選びました。
村尾酒造のレギュラー酒で、麹をタイ米で作っているんですが、そのおかげで旨味がきちんと引き出せるのだとか。看板銘柄の『村尾』よりも、こちらのほうがお気に入りです」

▼編集部の試飲コメント
一言で言うと「エレガント」。上品な甘さが口に入り、スッと消える感じが美味。お湯割りにしてもアルコール感が立たないところが、他の焼酎にはない特徴だと感じました。

【ロック】のおすすめBEST3

1位 大海酒造/海

フルーティでスイスイ飲める

芋焼酎のロックに初めてチャレンジしたい人にもおすすめの商品です。黄麹かつ減圧蒸留なので、フルーティーで飲みやすい。味が濃いから氷で割るというよりは、より軽やかに楽しむためにロックで飲みたいアイテムです

▼編集部の試飲コメント
井上さんの解説通り、フルーティで飲みやすい。薄めなくても「濃い」という感じはありません。すいすい飲めてボトルの減りが早い1本。

2位 小牧醸造/紅小牧

紅芋のうまさを知る一本

紅芋ならではの甘みが前面に出ている商品。アルコール度数が30度と少し高めですが、その分、芋そのものの味わいがダイレクトに楽しめます。
ソーダ割りにしてもおいしいんですが、あえてロックで飲むことで、紅芋焼酎の魅力を知ってほしいです

▼編集部の試飲コメント
コガネセンガンとは明らかに違う印象で、紅芋由来の甘みも感じられます。ソーダ割りにもしてみましたが、ロックのほうが紅芋の味わいが捉えやすかったです。

3位 塩田酒造/六代目百合

芋くさい焼酎をガッツリ味わうなら
Image: 楽天

通向けのフルボディタイプ。今回ロックでおすすめした中ではいちばんクセのある商品です。もちろん割ってもおいしいんですが、芋くさい焼酎を、薄めずガッツリ味わいたいときにもってこいですよ!

【水割り】のおすすめBEST3

1位 国分酒造/クールミントグリーン

ミントのような清涼感!

ミントを思わせるハーバルな風味と苦味を絶妙に引き出した商品で、水割りにするとさらに清涼感が広がります。『フラミンゴオレンジ』でおなじみの国分酒造がリリースした変わり種の第2弾です

▼編集部の試飲コメント
フラミンゴオレンジと同様、ジンのような感じはありますが、こちらはオレンジではなく青いハーブの印象。飲んだ後に桃のようなやわらかく甘い香りが。

2位 天草酒造/池の露 むらさき芋

ワイングラスで飲みたい芋焼酎
Image: 楽天

ヨーグルトのような乳酸のニュアンスと、ほんのりワインの風味が感じられる一本。焼酎:水を6:4くらい、もしくは氷も入れて5:5で割ってアルコール度数を15度くらいに薄めると、本当に赤ワインのような感じになるんです!

3位 八丈興発/芋情け嶋

芋の甘み+麦の香ばしさのハーモニーにハマる

麦麹を使った珍しい芋焼酎なんですが、麦らしい香ばしさが感じられます。
八丈島には焼酎を水割りで飲む習慣があるので、僕も島を訪れたときはいつも水割りを楽しんでいますよ。芋焼酎と麦焼酎をミックスしたような、少し不思議な商品です

▼編集部の試飲コメント
芋の甘みと麦茶のような香ばしさのハーモニーが心地よく、旨味もしっかり。あと引くおいしさで、デイリーに飲みたい1本。

【ハイボール(ソーダ割り)】のおすすめBEST3

1位 西酒造/宝山 蒸撰玉茜

紅茶が香るさわやかハイボール
Image: 楽天

オレンジ芋の玉茜(たまあかね)で仕込んでいるので、紅茶のような香りが特長。ソーダ割りにすると、上品でさわやかなニュアンスになります。焼酎ビギナーの人にも飲みやすいアイテムです

2位 古澤醸造/ひとり歩き

心地よい酸でごくごく飲める

ジョイホワイトで仕込んだ焼酎で、香ばしさと芋らしい味わいがしっかり溶け込んだソーダ割りになります。
どんな飲み方でもおいしいんですが、ソーダ割りにすると苦味や酸味が炭酸とうまく馴染んで、ごくごく心地よく飲めてしまいます

▼編集部の試飲コメント
ヨーグルトのようなニュアンスが、これまでのラインナップには似たものがなく個性的な味わい。さっぱりとしているので、たしかにごくごく飲める!

3位 小玉醸造/杜氏潤平

紅芋ならではの甘味と渋み
Image: 楽天

ソーダ割りにすると、紅芋ならではの甘味と渋みが感じられる1本。ソーダ割りができる焼酎って万能選手で、ほかの割り方でもおいしく飲めるんですよ。麹をしっかり作っているので、芋そのものの味わいがきちんと引き出されています

【変わり種】のおすすめBEST3

1位 【ウイスキー風】西酒造/天使の誘惑

ウイスキー好きにおすすめしたい

ウイスキー好きな人におすすめしたい、樽貯蔵の芋焼酎。シェリー樽と樫樽で熟成したものをブレンドした商品です。ソーダ割りにするとハイボールみたいな感じで楽しめます

▼編集部の試飲コメント
樽の香り=木のような香り?と思っていましたが、バニラのような香りにうっとり。ロックで味わうと甘く豊かな香りとまろやかな味わいが堪能できます。

2位 【コーラ割り】大和桜酒造/大和桜 紅芋

コーラ×芋焼酎の意外な組み合わせ
Image: 楽天

蔵元みずから、コーラ割りをおすすめしています。芋焼酎とコーラの旨味成分って結構リンクしてるらしいんですよ。コーラで割ると、両方の旨味がうまく混じり合うのがおもしろいので、ぜひ試してみてください!

3位 【ジャスミン割り】大口酒造/伊佐小町

トロピカルなジャスミン割り
Image: Amazon.co.jp

ジャスミン茶で割ると、華やかでさわやかになる芋焼酎。ハマコマチ芋を原料に使うことで、フローラルな香りとフルーティーな味わいを醸し出しました。ジャスミン茶のほんのりとした苦味がアクセントになる、トロピカルな一杯です

Ranking