Bon-Masu

Bon-Masu

7

数年前のリフォームでタタミが完全になくなってしまいました。

タタミの部屋があった時には、表替えなどのメンテナンスが大変とか、重量のある家具が置けないとか、音響がイマイチなどなど、タタミに対する不満をよく言っていました。

しかし、梅雨に向かって空気がジメジメしてくる時期になると、タタミの上を裸足で歩く感触が恋しくなります。

あのサラッと感は、梅雨時の晴れ間のようなものだったなぁ。

ということで、毎年リピート買いするのは、極小のタタミ。

無印良品の「イ草のスリッパ」です。

無印良品 イ草スリッパ

染色せずに仕上げたイ草が使用されている「イ草のスリッパ」は、まさに畳のようなさらりとした足触り。

カラーは、生成とブラウンの2色、サイズは、SからXLまでの4段階。

22cmから28cmサイズまで、1.5cm間隔でサイズ展開しているのは素晴らしい。

左がMサイズ(23.5〜25.0cm)、右がLサイズ(25.5〜26.5cm)、最適なサイズで履き心地を確かめてくださいね。

甲部分はコットン100%、甲の裏地(足の甲に当たる部分)は、コットン80%+ポリエステル20%のタオル生地のようなソフトな素材です。

そして中板(足の裏が当たる部分)はイ草。

裸足で着用するように考えた作りになっています。

着用してみると

無印良品の名作、とても良く出来たスリッパです。

EVAのソールは流石の歩きやすさ、そして裸足で感じるこのタタミの感触。

仕事から帰ったら、すぐに裸足になりたいのですが。

夏の間中快適に使うためには、グッと我慢、ソックスのままで着用します。

シャワーや風呂でキレイにしてから、裸足で着用。

思わず「これこれ」と言ってしまうサラッとした畳の足触り。

じめっとした日、暑い日には最高です。

タタミが恋しくなった時に

梅雨時を快適に過ごしたい人、タタミが懐かしい人、そしてタタミの記憶がない人にも。

無印良品の「イ草スリッパ」はオススメです、ぜひ一度裸足で履いてみてください。

きっと一度使って、毎年リピート買いしている人が多いアイテムなのだろうと思います。

オンラインショップでは既に品薄なので、お近くの無印良品で探してくださいね。

無印良品 イ草スリッパ 前あき

浮かせるスリッパ収納なら、山崎実業の省スペースな「スリッパラック」におまかせ

無印良品にはシンプルで快適な”履きモノ”が充実してますよね〜! サンダル感覚で履けちゃうカンフーシューズもこれからの時期に良さそうだ

Bon-Masu

盆栽を人に教える仕事をしています、家でも庭にいることが多いです。 休日は釣りに登山、気ままにアウトドアを嗜んでいます。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking