ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

コスメ・スキンケアマイスターの資格を持つモデル・ゆりっぱこと菅沼ゆりさんが、読者の方のコスメ・スキンケアにまつわるお悩みを一緒に考えたり、おすすめのアイテムを紹介したりする連載「ROOMIEラボ・コスメ科 」。

今回はたっぷり汗をかける! 心も体もスッキリして、美容効果も期待できるスポットを紹介します。

菅沼ゆりさま

菅沼ゆり
“ゆりっぱ”の愛称で親しまれ同世代の女子から絶大な支持を集める。SNS発信は高い影響力を持ち、コスメ/スキンケアマイスターの資格を取得するなど、美容の知識も豊富。
最近ではイベントMCやアパレルやアクセサリーのプロデュースなどマルチに活躍している。Zoff、CA4LAなどコラボ実績多数。

Youtube
Instagram

サウナでもなく、岩盤浴でもない。電気やガスを使わずに、自然の発酵熱のみを利用した発酵温浴専門店「発酵温浴nifu」。

熱の正体は「菌や米ぬか」の発酵するときのエネルギー! その中に入ってじわじわ汗をかくのです。

この施設、電気やガスを使ってないことがポイント。自然との関わりを大切にしており、地球にも優しいデトックス空間なんです。

冷えは心身の不調の始まりとも言うよね。自然の力で体の深部から温めることで、免疫の高まりや、便秘改善、むくみ改善も期待できるみたい◎。

お店に入ると早速ヒノキの香りが。

私の中のお約束はまず、お店入ったらスマホの電源を切ること!

一旦いろんなことを全てを忘れて、ここではとにかく現実逃避をするのです。

タオル、着替えセット、お店が貸してくれるお水の入ったボトル

パン工房みたいな帽子もかぶります。(笑)

着替えたらモフモフの菌と米ぬかの中に入ってスタンバイ。

一歩み足を入れただけでも菌のすごい熱エネルギー感じます……!

なんだかぬか漬けになった気分。(笑) 埋まっている姿はだいぶおもしろい。

7分仰向けで寝て、5分半身浴します。

温度の程度も選べるのだけど、私はのぼせやすい&最初だったので「普通」の暖かさを選んでみた。

だが、それでも結構あったかい!!

そして、え? この熱って、菌の自然な発酵の力なの? 凄すぎるのだが! と心の中で興奮。行ったらみんなも絶対驚くと思う。

埋まっていると、1分、2分と、血が体全体をドクドクと巡っていくのが分かる。

店員さんは一人横についてくれて声がけも頻繁にしてくれるから、熱がりでのぼせやすい私にとってはありがたい。

ちなみに大事なのは空腹で行かない事だそう。

あと、温浴するのは水分をよく摂ってから! これも大切。

わたしは埋もれてる間トイレ行きたくなったらどうしよう……言いづらいな……と思って水分を少ししか摂らなかったけど、サウナや岩盤浴のような大量に汗をかく行為なので、脱水症状や体調悪くなってしまわないよう、本当に水分はきちんと摂りましょう◎。

もちろん埋もれてる途中に、店員さんに水が飲みたいと声がけしても大丈夫

15分はあっという間と思いきや、沢山の汗をかき大満足!

個室のシャワー室にそのまま案内され、シャワーで菌を流し、バスローブに着替えて15分の湯冷しタイム

湯冷し空間は別室にあり、そこにゆったり座って、サービスで塩分補給の役割がある「ハチミツ漬け梅干し」と「塩昆布」をゆっくり食べます。これが大好物。

休んでる間も、体の余熱で汗が流れる〜。

「整う」って、こういう事なのかな~。

調子が良いぞ! 戻ってきたぞー! よ~し仕事がんばろう!

と身体がリラックスできると同時に、マインドもスッキリ。

血流が良くなったおかげか、無加工でもなんだか肌の調子がいい

ちなみに何回か体験して分かったことは、

①朝早い時間の予約(12時)は普段の時間に増して熱い(らしい)。

②「普通」(真ん中の温度)でも私の体感だと思っているよりちょい熱い。最初は「ぬるめ」がおすすめ。

③空腹でもお腹いっぱいでも体調が悪くなりやすいから、腹6、7分目が丁度良い。

④施設には化粧水、クレンジング、洗顔があるけど、お風呂上がりスキンケアをガッツリしたい人は、マイスキンケアセットを持っていくといいかも。

⑤シャワーも浴びるから、気になる人はヘアオイルも持っていくと良さそう。

そして、静かでゆったりできるムードが流れるあの空間は、一人で行くのがおすすめ

みんなもなんだか疲れたり、心も体もスッキリしたいときは行ってみることをおすすめするよ〜。

ではまた次回!

ゆりっぱさんのヘルシーな習慣をまるっと覗き見。

おまけに、これからの季節必見の崩れないベースメイクをチェック!

ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking