ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

2

※本記事は2021年5月23日の記事を再編集して掲載しています。
Text and Photographed by 古谷 真知子

いいお天気!と出かけた矢先に、急な小雨に降られ立往生……。

そんなシーンに見舞われる日が増えた最近、必要なときにサッと取り出せる、薄くて軽いレインコートを探していました。

梅雨時期の不安定な天候でもコレがあれば安心できる

ワークマン「レディース高撥水ライトフーデッドレイン」

ワークマンの「レディース高撥水ライトフーデッドレイン」2,900円(税込)

いろいろ見比べてゲットしたのが、ワークマンのレディース高撥水ライトフーデッドレイン

軽くてコンパクトなのに、膝から上を雨風からしっかり守ってくれるんです。

エコバッグや車、自転車のかごに入れておけば、お天気の急変にも慌てません。

耐水圧5,000㎜で、しっかり雨水を防ぐ

ワークマン「レディース高撥水ライトフーデッドレイン」

このフーデッドレイン生地の表面はディアマジックダイレクト®というソフトで着心地の良い耐久撥水加工を施すことで、耐水圧5,000㎜を実現しているのだそうで。

傘がないと外出できないくらいの雨でもしっかり雨水を弾いてくれています。

ワークマン「レディース高撥水ライトフーデッドレイン」

裏地もコーティングされており、ちょっとやそっとの雨に濡れたくらいでは雨水を通さないのが頼もしい!

強風でも首周りをカバー

ワークマン「レディース高撥水ライトフーデッドレイン」

一般的なレインコートは、風が強いとフードが外れてしまうこともしばしば……。

ワークマン「レディース高撥水ライトフーデッドレイン」

でも、「レディース高撥水ライトフーデッドレイン」なら、フェイスラインと頭囲の2個所を紐で絞ることで、フードを頭にしっかりフィットさせることが可能!

傘がさせない場所でも、雨風から頭部をしっかりカバーすることができるんです。

ワークマン「レディース高撥水ライトフーデッドレイン」

ジッパーを全て上げてフードをかぶると、首回りもしっかりカバーしてくれます。

細部につまったこだわりで生まれる快適性

ワークマン「レディース高撥水ライトフーデッドレイン」

袖口も面ファスナーでピッタリに調節でき、ヒラヒラしないように裾も絞れるようになっています。

ワークマン「レディース高撥水ライトフーデッドレイン」

背中にはベンチレーションも付いていて、気温が高いと蒸れがちなレインコートでもしっかり通気性が確保できて◎。

ポケットの中まで安心

ワークマン「レディース高撥水ライトフーデッドレイン」

お手頃価格なのに、着脱するセンターのジッパーが二重構造なのも有難い~。

ワークマン「レディース高撥水ライトフーデッドレイン」

ポケットにもジッパーとフリップがついていて、ポケットの中に入れたハンカチやマスクなども濡れません

これは心強いわ……。

軽くてコンパクト! パッカブルで携帯性も◎

ワークマン「レディース高撥水ライトフーデッドレイン」

しっかり撥水性能は確保しつつ、生地は薄く、軽いのもポイントです。

付属の巾着袋に畳んで入れれば手のひらサイズに。

ワークマン「レディース高撥水ライトフーデッドレイン」

Lサイズで身長160㎝だと膝周りまでしっかりカバーしてくれるのに、重さが約330gと350mlペットボトル飲料よりも軽いんです。

これなら普段から気軽に持ち歩けますよね。

不安定な気候の時期に安心をくれる

ワークマン「レディース高撥水ライトフーデッドレイン」

雨が降っていなくても急に気温が下がったり風が強くなったりと不安定な季節の変わり目。

梅雨の時期も、このレインコートがあれば急な雨にも慌てずにすみそう。

ぜひお守り代わりに携帯してみてはいかがでしょうか?

 

来たる猛暑に向けてワークマンの夏仕様のハットも買っておこう……!

ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

special

日本では梅雨をはじめ、雨や湿気との戦いが終わりません。あいにくの雨模様だと、特にストレスが大きくなりそうですが、だからこそROOMIEでは、おうちの中でも外でも梅雨を快適に過ごせるお手伝いをしていきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking