8

スリッポンで脱ぎ履きしやすいモックシューズは、もはやキャンプの定番。

さらに防水なら最強。それ一足で、天候に左右されずキャンプシーンはほぼまかなえてしまいます。

コロンビアの防水モックシューズ

Columbia 「HAZY LAZY MOC OMNI-TECH」 13,750円(税込)

テントの出入りがラクそうなので、ずっとモックシューズを探していたのですが、なかなかコレというものに出会えず。

というのも筆者が譲れなかったポイントが、「防水」。少しくらいの小雨なら普通のシューズでも決行することがありますが、足元がぬかるんでるとなかなか大変……。

天候問わずこれ一足あれば大体OKな防水のモックシューズが欲しかったんです。でもいざ探すと、メンズサイズのみの展開だったり、履き心地は快適でも防水機能はなかったり。

そんなモックシューズ&防水という願いを叶えてくれたのが、Columbia(コロンビア)の「HAZY LAZY MOC OMNI-TECH(ヘイジーレイジーモックオムニテック)です。

コロンビアの独自素材オムニテック

コロンビアが独自に開発したオムニテックは、防水性・透湿性に優れた素材。

防水透湿素材といえばGORE-TEXが有名ですが、オリジナルで開発することで高機能ながら価格を抑えた製品展開も可能に。

雨天でも濡れない、ムレない。ウェア内を快適に保つ防水透湿機能”とうたっており、コロンビアのさまざまなウェアやシューズに採用されています。

先日のキャンプは3日間ずっと快晴でしたが、ハイキング中に沢を歩いても水の侵入はなし。

アウトソールはグリップが効くので、数時間のハイキングくらいなら対応できてしまいます。

テントの出入りもらくちん

スリッポンタイプを履いてキャンプへ行ったのは今回が初だったのですが、靴ひもありのシューズとは比べものにならないくらいテントへの出入りがラクです。

テントは入り口が狭く低いので、出入りの際に屈まなければならず、靴ひもを結ぶタイプのシューズだと脱ぎ履きがかなり面倒なんですよね。

ちょっと寒いから上着をとってきたいな〜というときも以前ならテントの出入りが面倒でギリギリまで我慢していたのですが、今回はそんなこともなし。

足を包み込むような履き心地で、リラックスシーンもさらに快適です。

しかも、しゃがむ姿勢をとることも多いキャンプ時の動きを想定したソールパターンだそう。

そういえば、設営や撤去時も動きにくさを感じたことは一度もありませんでした。

残念なところ:同じ型の生産はあるのかな?

楽天などでは購入できるのですが、コロンビアの公式通販サイトでは今回履いているものと同型の取り扱いは見当たらず……。もしかしたら秋冬の製品なのでしょうか。

とはいえ、その他ECサイトを含めるとオムニテックを採用したさまざまな防水シューズを見つけることができますし、コロンビアの公式通販サイトでも春夏のオムニテック搭載シューズが種類豊富に揃います。

合わせやすいデザイン

購入したヘイジーレイジー モックオムニテックのアッパー素材は、ポリエステルキャンバスとレザーのコンビ。

特にレザーのおかげで、お値段以上の雰囲気です。アウトドアスタイルにはもちろん、デイリーにも気負わず履けそう。

好みの防水アウトドアシューズが見つからないという方、ぜひコロンビアもチェックしてみてください。

意外とコレコレ!と思えるアイテムに出会えるかもしれません。

キャンプじゃなくて登山に行きたい!と思う方はHOKAのトレッキングシューズもおすすめですよ。

夏の準備を進めるなら、サンダルもチェックしてみては?

Ranking