服部 隆宏

服部 隆宏

11

春の花のシーズンが一段落して新緑の季節を迎えています。

少しずつ日差しも強くなり、日焼けも気になるシーズンになってきました。

そんなこれからの季節に取り入れたいあるアイテムを手頃な価格でゲットしました。

ワークマン発「夏に迎えたい帽子」

ワークマン 「シェードハット」

ワークマン 「シェードハット」 1280円(税込)

それは、ワークマンの「シェードハット」です。

円筒形のクラウンのまわりにツバがついた円盤型の作業帽のようなカタチをしています。

他方位からの日光を遮断してくれる形状になっています。

ワークマン 「シェードハット」

色はブラック、カーキ、カーキ×ベージュ、ネイビーの4色展開。

こちらはカーキ×ベージュになります。

安価でありながらしっかりUPF50+のUVカットの生地が使われている、夏にありがたいハットです。

背中からの日差しもブロック

ワークマン 「シェードハット」

このハットの大きな特徴は、後頭部にネックシェードがついているところ。

このネックシェードが背面からの日差しをブロックしてくれます。

ワークマン 「シェードハット」

このようにハットの裏側にシェードの収納部があるので、シェードがいらないときにはそこにササッと収納すればOK。

この仕様のおかげで、さまざまなシーンで使いやすくて◎。

蒸れも防止してくれる

ワークマン 「シェードハット」

また後頭部にはベンチレーションがあり、蒸れを防止するつくりになっています。

このベンチレーションは通常のものより大きくとられているのがポイント!

後頭部に向けての風通しが良く、快適ですよ

風が吹いても大丈夫

ワークマン 「シェードハット」

あご紐がついているので、自転車の上などで急な風が吹いても飛んで行ってしまうのを防いでくれます。

とっても手頃な価格ながら留め具もついているので、顎の位置にしっかりアジャストすることができます。

ワークマン 「シェードハット」

取り外しも可能な構造なので、シーンに応じて使い分けたいですね。

使わないときにも

ワークマン 「シェードハット」

またこのシェードハットは、非常にコンパクトに畳むこともできます。

重量も77gと100gにも満たないので荷物にもなりません。

ワークマン 「シェードハット」

日が陰ってきて帽子を使わない時もササッとしまえるからありがたい~。

撥水性はない

ワークマン 「シェードハット」

良いところづくめのシェードですが生地に撥水性はありません

雨天時に雨除けとして長時間使用するのは厳しそうです。

ひとつあると心強い、そんな帽子

風は涼しい日であっても、長時間日に当たり続けると、ちょっとだるくなってしまったり……。太陽光は意外と侮れないもの。そんな中、帽子一つあるだけで随分心強く感じます。

そんなこれからの時期に、手頃価格で機能性が高く、ガシガシ使える「シェードハット」は救世主になってくれそう。

興味が湧いた方は、お早めにチェックしてみてはいかがでしょうか。

ワークマン シェードハット

あわせて読みたい:

服部 隆宏

配達員ときどきライター。めちゃめちゃ気ままに楽しく生きています。そのものひとつでライフスタイルが大きく変わってしまうようなアイテムを求めて、日々街中を走り回っています。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking