68

日帰りのお出かけや、1〜2泊程度のソロキャンプで使える小型のクーラーボックスがほしいなあと思っていた最近。

ワークマンでピッタリのアイテムを発見しました!

ペットボトル4本が入るコンパクトクーラー

ワークマン「真空ハイブリッドコンテナ」2,500円(税込)

ワークマンから新しく登場した「真空ハイブリッドコンテナ」は、真空断熱構造を採用したコンパクトクーラー。

特長はこの、約4.6Lの円柱形。

500mlサイズのペットボトルを約4本、350mlの缶なら約8本収納することができます。

4個セットのヨーグルトも少し斜めにすればギリギリ入る感じ

これだけ入れば、日帰りのお出かけや1〜2泊のソロキャンプに持っていく飲食物を入れるには事足りる大きさ。

作りもかなりしっかりしているので、アウトドアで使うのにも十分な印象です。

真空断熱構造で保冷力もピカイチ

一般的には、発泡スチロールを断熱材として使用しているものが多いのクーラーボックス。

ですが、この真空ハイブリッドコンテナはさらに高性能な真空断熱構造(蓋以外)となっているため、保冷力もピカイチ。

※保冷効力は30度(+-2度)に設定した恒温槽内にて、500mlのペットボトル4本に4度(+-1度)の水を満水にした状態から、1時間毎の水温を測定した温度です(温度測定は缶に4本を入れた内の特定1本にて実施)。
※ご使用においては、内容物の量や温度、外気温の影響により保冷、保温効力の数値とは異なります(第三者検査機関調べ)。

コンビニで購入したペットボトル飲料で試してみたところ、約8時間後に取り出して飲んでみても冷たいと感じる温度をしっかり維持していました

小型の保冷剤や氷を一緒に入れると保冷力はよりUP!

保冷剤の大きさや開封する頻度にもよりますが、2日ぐらいなら余裕で使える印象です。

これが、2,500円で買えてしまうとは……

使いやすいロック機構

ワンタッチで開閉できるのも真空ハイブリッドコンテナならでは。

ハンドルの部分をOPEN側に倒すことで、ロックが解除される仕組みとなっており、

あとは蓋を持ち上げるだけで出し入れ可能!

ロックをするときは、蓋をのせてハンドルをCLOSE側へ動かすだけでOKです。

握りやすさも文句なし。

アウトドア好きの心をくすぐる細かなギミック(仕掛け)がさすがワークマンですね。

さまざまなシーンで気軽に持ち運べる

先日行った潮干狩りでも大活躍

コンパクトな真空ハイブリッドクーラーは気軽に持ち運べるので、ピクニックや潮干狩り、野外フェスやスポーツ観戦などにも持ってこい。

また、トランクルームの隙間にスッキリ収めることができるので、車に常時積んでおくのもオススメの使い方。

わが家では、スーパーで買ったアイスクリームやスイーツなどを持ち帰るのにも活用しています。

クーラーボックスらしくない丸いフォルムも気に入っているポイント。

友人も見た目に惹かれて購入したそうなので、間違わないようにステッカーを貼ってみました。

自分好みにカスタムしてみるのも楽しいですよ。

日常的に使えるコンパクトなクーラーはひとつあると重宝すること間違いなし。

まだ持っていない方はぜひチェックしてみてくださいね!

真空ハイブリッドコンテナ[ワークマン]

あわせて読みたい:


Ranking