旬の食材が出回り始め、自炊が捗るこの季節。

そこで今回は、ROOMIEライターが4月に買ってよかった「料理の効率が爆上がりする救世主アイテム」をご紹介します。

野菜を美味しく食べられるアイテムが盛り沢山!ぜひチェックしてみてくださいね〜!

1つ5役の調理器具

リッチェル「コランダー&バット レクタングルM フタ付 アイボリー」 1,100円(税込)

こちらは、リッチェルの「コランダー&バット レクタングル M フタ付」

フタとコランダー、バットがセットになっている上に、電子レンジもOKな便利アイテムです。

食材の下ごしらえにも使えることに惹かれ、試してみることにしました。

ピタッと重ねることができるので、収納しやすく感じました。

食洗機OKで、お手入れも楽に済ませられるのも嬉しいポイントです。

程よい深さがあるので、ボウルとしての役割も果たしてくれます。

フチのくぼみが絶妙で、バット同士を重ねることができるこちら。狭いキッチンでも場所をとらないのは、ありがたい!

サラダ用のレタスを水にさらしたり、火が通りにくいジャガイモをレンジで温めたりと、食材を下ごしらえするときはコランダーを活用

コランダーから流れた水が、フタの上でとどまる仕組みになっています。シンクが汚れないのも良いですね。

電子レンジと合わせれば、これだけでおかず作りもできますよ!

詳しくはこちらから↓

超小型サイズのフードプロセッサー

レコルト「コードレス ミニ チョッパー」 4,070円(税込)

こちらは、レコルトの「コードレス ミニ チョッパー」

キッチンでも場所を取らない超小型サイズのフードプロセッサーです。USB充電式でコードレスなのも嬉しいですね。

本体、カバー、ガラスカップにブレードと、使いやすいシンプル構造

レコルトコードレスミニチョッパー

使い方は説明する必要がないくらい、本当に簡単!

ソースの材料になる食材や調味料を計量しながら、ブレードをつけたガラスカップにいれたら……、

レコルトコードレスミニチョッパー

カバーをつけて。

レコルトコードレスミニチョッパー

ガラスカップ部分を手で持ち、上部のPUSHボタンを押すだけです。

調味料や具材が攪拌されてソースできるまで、本当にあっという間!

レコルトコードレスミニチョッパー

ガラスカップがそのまま器になるので、ソースができあがったら本体とカバーを外し、そのままいただきます。

レコルトコードレスミニチョッパー

こちらを導入してからは、タレやソース、ドレッシングが手軽で身近なものになったような気がします。

詳しくはこちらから↓

野菜の鮮度が長持ちする保存容器

ニトリ「フレッシュキーパー クラリー ホワイト」Sサイズ 799円(税込)/Mサイズ 999円(税込)

こちらは、ニトリの「フレッシュキーパー クラリー」

野菜や果物などを新鮮なまま保管できる保存容器です。

中の仕切りは取り外せるため、ひとつのものをたっぷりと保存したいときにも使えますよ。

長持ちの秘密は、こちらの換気口

つまみを回すと穴の部分が出て、容器内の空気を入れ替えることができるんです……

それだけでなく、冷蔵庫内での乾燥や、におい移りなどからも守ってくれるのだとか。

さらに、仕切りに穴が空いているため入れておくだけで水切りも可能です

こちらを暮らしに取り入れてから、これまでよりも気軽に野菜を摂取できるようになりました。

2日ほど経ってもおいしく食べられて、新鮮な状態を長持ちさせてくれましたよ。

一人暮らしだと野菜室がない冷蔵庫も多いと思いますが、そんなときでもこれがあると安心かも。

詳しくはこちらから↓

あわせて読みたい:

Ranking