10

ギズモード・ジャパンより転載。

印象違うね。

今年も秋にやってくるはずの、次期iPhoneiPhone 14 Pro」の最終デザインが決定され、試作が開始されたとの情報が飛び込んできました!

iPhoneといえば、デザイン変更とスペック向上が1年ごとに交互におこなわれることで知られています。iPhone 12では縁の角張ったフラットデザインが採用され、iPhone 13ではカメラなどのスペックが向上。となれば、iPhone 14ではデザイン変更を期待してしまいますよね!

とうとうパンチホールを採用?

台湾紙の経済日報によると、Apple(アップル)最大のサプライヤーであるFoxconn(フォックスコン)がiPhone 14 Proの試作を開始した、とのこと。またLuxshareはiPhone 14の下位モデル(iPhone 14?)を担当するようです。

iPhone 14のデザインでは「ノッチの廃止」「パンチホールカメラの採用」が大きなトピックとなりそうです。ただしノッチが廃止されても顔認証機能「Face ID」がなくなるわけではなく、上画像のように画面に横長のスリットを設け、ここにFace ID用の「TrueDepthカメラ」を搭載するとのこと。さらに本体が分厚くなり、背面カメラの突起がなくなるという情報もありますね。

個人的には今所有している「iPhone 13 Pro Max」でも十分分厚いので、これ以上本体が分厚く、重くなるのは正直やめてほしいのですが…。これも、さらなるカメラ性能の向上のためには避けてとおれない進化なのかもしれません。

text by 塚本直樹

Source: 経済日報 via MacRumors

あわせて読みたい:

Ranking