1

もうすぐゴールデンウィークですね~。多くの方が旅行やアウトドアを楽しむ計画をされているんじゃないでしょうか。

最近は暖かい日が多くなって、少し動くだけで汗ばむ日も増えてきました。そして汗をかくと出てくるのが、汗濡れによる不快感と汗冷え問題。

それらを解決してくれそうなシャツを見つけたので、近場の小さな山に登るタイミングで着てみました。

軽さがハンパない!

Teton Bros.(ティートンブロス) 「PPP L/S」 8,580円(税込)

1㎡あたりわずか90gという軽量さが持ち味! Teton Bros.(ティートンブロス)の「PPP L/S」というロングスリーブ。

170cm、63㎏なのでSかMサイズで迷いましたが、ピチピチは嫌だったのでMサイズをチョイス。

畳んだ状態で持ってみるとほんとにロングスリーブ?と疑ったくらい軽くて、Mサイズでもたったの96g(実測値)でした。

着てみるとうっすらと布を羽織ってるような感じで、着ているというよりフワッとのっかってるような感覚。

生地の肌触りはサラサラで、動かしたときに少しツッパリ感を感じることもあるので好き嫌いはあるかもしれません。お風呂のゴシゴシタオルを薄くしたような感じが近いかも。

かといって、必要以上に外気が抜けて中に入ってくることはないので、体が冷えすぎちゃうようなことはありませんでした。

透けてるのに撥水!?

 

「PPP L/S」でビックリさせられたのがその撥水性能。内側が透けて見えるほどの薄さなのに、シェルのような撥水性で水の浸水を許しません。技術の進歩ってスゴイですね……、「100回洗っても撥水キープ」と書いているだけのことはあります。

これだけの撥水性なら、突然の雨で濡れてしまって体が冷えてしまう……みたいなときも助かりますね。ただ水圧が強かったりすると撥水できずに浸入してくるので、雨具はちゃんと用意してくださいね。

残念なところ:吸水性はよくないです

これだけの撥水性なので、当然と言えば当然ですが吸水性はそれほどよくありません

生地の凸凹である程度は吸ってくれますが、裏側も撥水しちゃいます。なので、通気性のよさを活かしてどんどん乾かしていく、または外に押し出していくような感じの方が近いかもしれません。

乾きが追いつかないと落ちてくるので、パンツのウエスト部分が濡れてしまったり、バックパックの背面が濡れてしまうことはありました。

汗かきの人はアミアミタイプのインナーと併用するとその問題は解消できると思います。

とにかく乾くのが早い

これだけの撥水性・通気性のよさですから乾くのもとにかく早いです。びしょびしょに濡れた状態から軽く絞って、部屋干ししても2時間もかからずにほぼドライな状態になりました。晴れた外ならもっと早いと思います。

これからのシーズンだと海や川遊びでもラッシュガード代わりとして十分活躍してくれそうですね。

これから暑くなってくるのにロングスリーブを選んだのには理由があります。山に登るときは暑くてもケガや虫刺され防止のために、肌を出さないようにしているんです。日焼け止め効果もありますしね。

「PPP L/S」の生地は引っ掛けにも強く耐久性があるので、枝に引っ掛けたりしてよく破る自分としては、心強いアイテムとなってくれそうです。

PPP L/S[Teton Bros.]

あわせて読みたい:

Ranking