門岡 明弥

門岡 明弥

あと1日くらい持つでしょ〜と思っていたら、ついに愛用していた化粧水・乳液を使い切ってしまいました。

これを機に新しいスキンケアアイテムにもチャレンジしてみようかな?と思ったのですが、1回買ったら使い切るまでに時間がかかるのがネックなんですよね。

もし肌に合わなかったら悲しいし、何よりもったいない……。

THREEのスキンケアアイテム

FIVEISM×THREE 「フォー・メン ジェントリング トライアルキット」

FIVEISM×THREE 「フォー・メン ジェントリング トライアルキット」 4,730円(税込)

そこで選んだのは、FIVEISM×THREE(ファイブイズムバイスリー)のトライアルキット。

洗顔料・化粧水・乳液のセットとなっており、約2週間(朝・夜)使えるサイズ感となっています。

本来であればひとつひとつのアイテムが4,000~5,000円ほどするため、約5,000円で全体の使用感を体験できるのは魅力的。それに2週間毎日使い続けたら、自分の肌に合うか合わないかも判断しやすいなぁと。

説明書

箱を開けると中には説明書が入っており、どの順番で使えばいいか書いてあります。

スキンケアに無頓着だった頃は化粧水と乳液の違いすらわかっていなかったので、はじめて使う人にも分かりやすい配慮が素敵です。

思えば、「いろいろ考えなくて楽そうだから」といった理由だけで、オールインワンジェルを選んでいた時期もありましたね……(笑)。

洗顔→化粧水→乳液の順番で使おう

洗顔料を手に取る

説明書の通り、最初に使うのは洗顔料である「フォー・メン ジェントリングフォーム」。少しずつ水を足して手で泡立ててもいいですし、うまく泡立たない方は洗顔ネットを使うのも◎です。

僕は乾燥肌で、洗浄力が強い洗顔料を使ってしまうと洗顔後に顔がピリピリしまうことがあります。しかし、この洗顔料では特にそういったことは起こらず、さっぱりしつつも少しだけ保湿されたような洗い上がりでした。

化粧水を手に取る

洗顔後に使うのが、「フォー・メン ジェントリングローション」という化粧水。水っぽくサラサラしており、ラベンダーを思わせる爽やかな香りも特徴的です。

キリッとした香りなので、ひげ剃り後に使用したら肌がピリつくかな?と思いましたが、全然平気でした。洗顔料と同様、爽やかさの中に感じるやさしさ……。

商品ページには「適量(朝は1~2振り分、夜は2~3振り分)を両手に取り、大きく深呼吸して香りを取り込みます。」との記載があり、確かに意識して香りを取り込むのとそうでないのとでは使用後の満足感が変わってくるような気もしています。アロマ的な要素というのでしょうか。

乳液を手に取る

乳液である「フォー・メン ジェントリングエマルジョン」を使って、仕上げです。乳液にしては水っぽく、よく伸びます。それでいてベタつかないため、塗ったあとの不快感もありません。

きちんと保湿されている感覚はありますが、いい意味で塗ってる感もあまりないんですよね。なので、朝急いで準備して、すぐにマスクを着けなければならない状況でもストレスフリー!

やっぱり使ってみないとわからない

FIVEISM×THREE 「フォー・メン ジェントリング トライアルキット」

使い始めて約1週間ほど経ちましたが、全体的に爽やかな使い心地がとても気に入っています。しかし、化粧水や乳液は香りが強めなので、その点は好みが分かれるかもしれません。

ただ、それも使わなければわからなかったことなので、やっぱりスキンケアアイテムの使用感を確かめるには自分で使ってみるのが一番だな……と再認識させられました。2週間使ってみて、また使いたいと思わなければそれまでですし、そこからまた新しいアイテムにチャレンジすることもできますしね。

そんな意味でも、このトライアルキットは買ってよかったな〜と。THREEに限らず、これからもさまざまなスキンケアアイテムにチャレンジしてみたいところです。

フォー・メン ジェントリング トライアルキット[THREE]

あわせて読みたい:

門岡 明弥

ピアニスト・編集者・ライター。ときどき山に登ったりスキレットで燻製作ったりしています。Twitter:@hal_119

feature

日本は四季折々が豊かな気候ですが、一方で季節ごとに肌ダメージに悩み、振り回されがち。ちょっとでもケアをサボると、一気にご機嫌を損ねてしまいます。そこで本特集では、ROOMIEが見出したスキンケアアイテムなどを中心に「お肌をいたわる」ためのあれこれをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking