3

おうちで様々なビールを楽しめるようになった昨今。

さらに美味しい一杯を目指して、ついにビールサーバーを導入してみました。

コードレス式のビールサーバー

GREEN HOUSE「スタンドビールサーバー」10,980円(税込)

わが家で大活躍してくれているのがこちら、GREEN HOUSEの「スタンドビールサーバー」です。

こういうのって実際どうなんだろう……と半信半疑で購入したアイテムでしたが、そのクオリティの高さから、今では欠かせない存在となりました。

350ml缶から中瓶まで対応

使い方はとっても簡単。

まずはよく冷えたビールと付属の保冷剤を本体にセットします。

缶瓶どちらにも対応しており、350ml缶から中瓶まで様々なビールで楽しめるというのが嬉しいポイントです。

本体上部のチューブをビールの注ぎ口に差したら準備完了です。

-14℃の氷点下冷却

付属の保冷剤は-14℃まで冷却可能。

最大3時間までビールを冷えた状態で保てるため、ゆっくりと飲みたいときにも便利です。

超音波によるクリーミー泡

グラスを用意したらビールを注いでいきます。

このとき、事前にグラスを冷やしておくとさらにキメ細かな泡を楽しめますよ。

ビールを注ぐ際はハンドルを手前に引きます。

この段階では泡が立たず、そーっとビールが出てきます。

保冷剤でキンキンに冷えているので、このまま飲んでも十分美味しいです。

ビールがグラスの7割程度入ったら、いよいよ泡を注いでいきます。

ハンドルを奥に倒すと……。

CMで見るようなキメ細やかなクリーミー泡が出てきます!

クリーミー泡の秘密は超音波振動

58kHzの均一な超音波振動により、缶や瓶から直接注いだときと比べて微細で整った泡が生まれるのだそう。

口当たりが滑らかで本当に美味しいビールができますよ〜!

バッテリー式でいつでも使えます

サーバー上部のバッテリーパーツは取り外し可能です。

USB充電に対応しており、連続稼働目安は約4時間(350ml缶で約450本)とタフなつくり。

購入して1か月経ちますが、まだまだ充電する必要はなさそうです。

水洗いでお手入れも簡単

バッテリーパーツ以外はプラスチック製のため、丸洗いできるというのも使いやすいポイントです。

気になるチューブの中も水で簡単に洗えますが、パーツ交換などできるとさらに安心して使えるかなと感じました。

おうちビールを贅沢に楽しもう

お気に入りのクラフトビールもたっぷりの泡で楽しめるこちらのアイテム。

ますます暑くなってくるこれからの季節にオススメの逸品でした。

GREEN HOUSE スタンドビールサーバー[Amazon]

あわせて読みたい:

Ranking