covacova.

covacova.

2

在宅ワークが始まって以来、打ち合わせや研修をオンラインですることがかなり増えました。

パソコンで資料を作成しながら、スマホでメッセージを打ち込む……みたいなことが結構あるんですけど、入力する度にスマホ画面を操作しなきゃいけなくて、かなりストレスを感じていたんですよね。

そのストレスを解消するべく新しいキーボードを導入することに決めました。

3台までならコレ1台で文字入力できちゃう

Logicool 「K370s/K375sマルチデバイス」 3,080円(税込)

今回導入したキーボード、Logicool(ロジクール)の「K370s/K375sマルチデバイス」。

ネーミングの通りマルチデバイスに対応しているキーボード。どういうことかと言うと、キーボード側にスマホやタブレットをあらかじめ登録しておけば、割り振られたボタンを押すだけで簡単に入力が切り替えられるという、まさに求めていた機能。これが3,000円ちょっとで購入できるんです。

パソコンはUSBに挿して接続できるUnifyingレシーバーが付属していて、Bluetoothが搭載されていなくてもワイヤレス通信が可能です。

キーボードの左上部に①~③のボタンがあって、スマホやタブレットを②または③にBluetoothでペアリングしてあげるだけ。①はUnifyingレシーバー専用です。

あとは入力を切り替えたい時に①~③のボタンを押すだけで、同じキーボードでそのまま入力できちゃうんですけど、これが快適で見事にストレスを解消してくれました。

Macユーザーにも優しい

WindowsとMacではキーボードの文字配列や割り振りが違うんですが、Macユーザーでも迷わないよう割当キーが印字されているんです。Macでよく使うキーではコマンドキーがありますが、どこにそれが割り当てられているか見ればわかるようになっています。なんと優しい心遣い。

仕事はWindowosでプライベートはMac、といったときでも迷うことなく使うことができますね。ちなみにキーの打鍵感は柔らかめなので、固めが好きな人は好まないかもです。

ワイヤレス化でデスクがすっきり

ワイヤレス仕様なので当然接続コードはありません。マウスもワイヤレスなので、今回キーボードをコードレス化したことでデスク周りがとてもすっきりしました。

デスクの掃除も楽になりましたし、気分的にも朝から気持ちよく仕事を始めることができます。充電式ではないところはちょっと残念ですが……。

互換性には注意してね

Unifyingレシーバーはロジクールの対応製品であれば、パソコンの専用ソフトで複数の周辺機器を登録して接続することが可能です。なので、USBにレシーバを複数挿す必要がなく1つで済むんです。

以前紹介した「M650 SIGNATUREワイヤレスマウス」もロジクール製なので当然接続できると思ってました。ですが、何度試しても接続できない……。

調べたところ、マウスは「Logi Bolt USBレシーバー」(写真:左)でキーボードは「Unifyingレシーバー」(写真:右)とタイプの違うレシーバーで、互換性がないということが判明。1つのレシーバーで接続したいなら、どちらかのデバイスを対応製品にしないとダメというオチでした。

よく調べなかった自分が悪いんですが、同じような使い方を検討している人はご注意を。

シンプルで使いやすいスタンド


このキーボードにはスマホ/タブレット両用のスタンドが付属しています。正直あまり期待はしてなかったんですけど、これが意外……と言ったら失礼ですが、使いやすくて気に入ってるんですよね。

大きなiPadも安定して置けるし、溝が広めで厚めのスマホケースを装着したままでも窮屈感がないんです。角度も画面が見やすい傾き具合なので、オンラインで使うときはとても快適です。

パソコン周辺機器で迷ったら、まずロジクールで探す。これが最近のマイテレワークスタイルですかね(笑)。

K370s/K375sマルチデバイス[Logicool]

あわせて読みたい:

covacova.

夏生まれのくせに冬が大好きな自由人。山が白く染まってくるとソワソワして、爆弾低気圧や冬将軍という言葉に過敏に反応するアレルギー持ちのため、定期的に雪山で治療が必要です。 最近はファインダーを通して見える世界に引き込まれてしまったため、アレルギー治療と写活のために北の大地への移住を計画中。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking